お金を借りる方法とは?キャッシング?カードローン?消費者金融?

生きていくうえで「お金」はとても重要なものです。必ずしも必要な時に、必要な額のお金が手元にあるとは限りません。

家族や、友人にお金を借りる事ができれば良いですが、やはりお金周りはトラブルの元です。いつも円満に無利子でお金を借りられる訳ではありません。

そういった時に、お金を借りる方法がいわゆる「キャッシング」です。ただ、なんとなく不安だったり、怪しいと思われがちな「キャッシング」についての基本をご紹介します。

キャッシングとは?

キャッシングとは、企業や銀行からお金を借りるサービスの事です。シンプルですね。

今は、キャッシングを提供する企業や銀行が複数あり、それぞれが独自の特典やキャンペーンを展開しています。それゆえに、借りる側の人間がしっかりと情報収集をして比較検討し、損をしない為にはしっかりと知識をつける必要があります。

昔と違い、今はネット上にも情報が豊富にあるので、借りやすそうな金融機関探しは、ネットを使うのが最適です。キャッシング会社に申込みをする前に、複数のキャッシング会社の金利条件などをチェックすることで、低金利でお金を借りられるようなサービスを探すことをオススメします。

金利が安いと言う事は、同じお金を借りても、無駄なお金を支払う必要がなくなるので、一番に重視すべきポイントになります。金利については、できるだけ安いキャッシング会社から借り入れするようにしましょう。

最近では、低金利のキャッシング会社ばかりでなく、金利0%のキャッシング会社もありますので、条件が合えば利用してみるのもいいでしょう。借りた金額を、利息を上乗せせずにそのまま返済すればいいのですから、非常にお得な話といえます。

そのような、キャッシングを受けるには大きく2つの方法があります。「カードローン」と「クレジットカードのキャッシング機能」の2つです。

カードローン

消費者金融(アコムやアイフルなど)や銀行からお金を借りる方法

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードを使って、現金を借りる方法

どちらもお金を借りるという意味では、同じですが借り方や、借り先が違うという事になります。

カードローンとは

カードローンには、消費者金融系のローンと銀行系のローンがあり、それぞれ特徴があります。最も大きい部分は金利です。カードローンの金利はとても大事なことなので、借りる時にしっかり考えたいことです。

カードローンの金利は、銀行系カードローンのほうが、低金利で借り入れることができます。もしも可能であれば、低い金利で融資が受けられる銀行系カードローンがいいでしょう。2%から10%ほども、金利が低いことがあります。

カードローンの審査についても、銀行系と消費者金融系は違います。消費者金融系の審査は、申込みから結果を出すまで即日で終わるところが多いようです。早いところでは30分程度で審査の結果が出ます。

しかし銀行系の場合の審査時間は、消費者金融のようなスピード審査をしない所がほとんどです。銀行系のカードローンの場合は、審査にかかる時間が1日以上にもなることがあり、時間に余裕が無い人には向いていません。

消費者金融会社はカードローンの無利息キャンペーンなどを開催することがありますが、銀行では無利息での融資を行うことはまずないでしょう。大口の融資が受けられて、金利も安いことが銀行系カードローンのいいところですが、その半面、審査に時間がかかる上に必ずしも審査でOKが出るとは限らないというネックがあります。

返済時の負担を軽減したいと思っていて、一刻を争うような事態でないなら、多少時間がかかっても、低金利の銀行系カードローンがおすすめです。最近は、カードローンを取り扱っている会社が多く、各社ごとにサービスに工夫がされています。しっかり情報収集して自分の目的や返済計画に適したカードローンを選択することが重要です。

カードローンの金利について

一般的な消費者金融系の金利は、4.5%から18%が相場になっています。10万円の融資を受けた時には、18%の金利が一般的だと言われ
ています。

貸付上限金額がいくからでも、金利の設定は変わります。携行として、大口の融資になれば、金利は低く設定されることが多いようです。また融資の条件は、審査の結果によって決まります。

審査では、年収、勤続年数、持ち家の有無などに基づいて、貸付条件を決めます。もちろん借りたいと思った金額がそっくり借りられるとは限りません。

借り入れ可能な限度額は、審査の結果によって違います。同じく銀行系も内容的には同じでありますが、金利面で変わってきます。相場的には4%から14%程の金利になります。金利だけを見てみると、銀行系がお得なのが分かります。

ほとんどの銀行がこのような金利設定になっております。それならば、カードローンは銀行系の金融会社のものを利用したほうがいいと考えがたですが、金利以外でも、考えなければいけないことがあります。

すぐにでもお金を借りたいという時は、審査に時間がかかる銀行系カードローンより、消費者金融系カードローンのほうが有利です。申込みの手続きも、消費者金融系のカードローンのほうが簡単です。銀行のカードローンでは、口座開設が条件になることもあります。

すぐにでもお金を借りたいという人は、消費者金融系が適しています。融資するまで時間に余裕がある方やとりあえずカードを作っておこうという方の場合は、銀行系のカードローンを契約すると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシング機能

クレジットカードは、クレジット機能もありますが、キャッシングカードとして使うことで、限度額以下の現金借り入れをカードを使って何度でもできます。

買い物時に直接決済できる訳ではなく、あくまでクレジットカードを使用して、限度額まで現金を引き出す機能となります。

ただし、カードローンほど高額を借りることが出来ない場合がほとんどですし、金利についても割高となります。

出先や、思いがけないトラブルが発生した時のその場しのぎには便利です。

利用に関しても、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があれば、手続き無しで使用が出来ます。ただし、キャッシングを使用したらショッピング枠の限度額が減る場合がほとんどです。

便利なポイント

銀行ATMを使用すると、24時間365日引き出しができることがほとんどです。また、国際ブランドのクレジットカードなので海外でもキャッシングは利用可能です。旅行先での急な現金不足にも対応できます。

注意ポイント

金利が高く設定されていることがほとんどです。

多くは18%と通常のカードローンで借りるより高いので、定常的にお金を借りるには向いていないかもしれません。

まとめ

お金を借りる方法は様々です。もちろん貸す側もどうにかして多くの人に、お金を貸して設けたいと考えての事業なので、うまくキャンペーンなどを利用して、無理が無いように、賢くお金を借りることが必要です。

スポンサードリンク