一度は食べたい熟成肉!ウルフギャングステーキハウス大阪

肉

スポンサードリンク




こんにちは

今回ご紹介するのは、みんなが大好きなです!
それも、かなりデカくて高い肉です。

みなさんウルフギャングステーキハウスをご存知ですか?

「有吉の夏休み」という番組で、有吉さんが美味しそうに食べている姿が印象的で、一気に有名になりましたよね。

あの有吉さんに「ウルフギャングの肉を食べるために1年間仕事を頑張ってきた」とまで言わせるその肉の魅力をご紹介します。

まず結論から言うと・・・デカい、うまい、高い」です!

ウルフギャングステーキハウスとは?

wolfGang

「ウルフギャングステーキハウス」とは、2004年アメリカで創業したステーキハウスです。

今では「極上ステーキハウス」としてニューヨーク、ワイキキ、マイアミビバリーヒルズで絶大な人気を誇っています

そしてアメリカ国外初出店が、日本の六本木店でした。

2015年12月現在、日本では3店舗展開されています

熟成肉

このお店の一番のウリは、なんといっても熟成肉です!

最近ブームの熟成肉(ドライエンジングビーフ)とは、「温度・湿度・風」をコントロールし、一定期間寝かせたお肉です。

お肉を寝かせることにより、旨味成分のアミノ酸が増え、肉の繊維がほぐれて柔らかくなるんです。

まあ、単純に素人が肉を放っておくのとは違い、適切な温度と湿度でプロが管理するので、腐っているわけでは有りませんよ。

凝縮したタンパク質をうま味成分にかえる、干物と同じです。

ウルフギャングの熟成肉

そんな、熟成肉ですが、ウルフギャング・ステーキハウスでは、アメリカ農務省が最上級品質「プライムグレード」に格付けしたお肉を、専用熟成庫で28日間ドライエイジングさせて作っています。

柔らかさと旨味を高め、4cm程の厚切りにして900℃のオーブンで焼き上げます。中でもフィレとサーロインの2種類の部位が楽しめる「Tボーンステーキ」が看板メニューです。

ステーキ以外は無いの?

ステーキハウスというので、肉っぽいものばかりかとおもいきや、実はステーキ以外にも、シーフードやサラダなどのメニューも充実しています。

067b2c85

エビや魚を使った海鮮料理もたくさんあります。

他にもワインがすごい。世界各国の1000種類のワインが用意されています。

正直ぼくは、ワインが大好きですが、種類や銘柄なんてのは、チンプンカンプンです。語れる程の知識はないので、ここはサラッと流します。(おいしいおすすめワインがあれば教えて下さい)

値段は?ドレスコードは?

wolfGang2

値段は・・・高いです!高い安いの基準は、人それぞれですが、庶民的な感覚で考えると、かなり高いと思います。

看板メニューの「プライムステーキ」の価格は、以下のとおり。

  • プライムステーキ2人用 16,000円(税抜)
  • プライムステーキ3人用 24,000円(税抜)
  • プライムステーキ4人用 32,000円(税抜)

ちなみにプライムステーキは、2人用からしかありません。一人前だけの注文はできないので注意が必要です。

そして忘れがちな、サービス料が会計から10%かかります。

ドレスコード

あと、普段こういった高級なお店に行かない人は、とっても気になるドレスコード。実際はシャツ着用なんてルールがあるみたいですが、これは気にしなくて良いと思います。

ぼくが行った時は、スーツを着たおじさんから、パーカーのお兄さんまで様々な人がいました。

特に大阪店は、「ルクアイーレ」という商業施設の上階にあるので、買い物客が来ることも多いので、ドレスコードを気にする必要は無さそうです。

「ウルフギャング大阪」お味、雰囲気は? 

wolfGang3

注文と価格

今回、ぼくが注文したのはこちら

  • シズリング ベーコン (700円)
  • モッツァレラチーズとフレッシュトマト バジルペースト添え  (1,900円)
  • ロブスタービスク (1,700円)
  • プライム ステーキ 2名様用  (16,000円)

あとは、ビールとワインを2人で4杯呑みました。ビールは、一杯1000円程度です。

会計は、2人で3万円くらいでした。

味の感想

wolfGang 4

まず「モッツァレラチーズとフレッシュトマトバジルペースト添え」は、とてもさっぱりしていて、前菜としてはおすすめです。

分厚いモッツァレラチーズを、トマトと一緒に口に入れると、まろやかで甘酸っぱい味が、口いっぱいに広がっていきます。

分厚いモッツァレラチーズはいいですね〜。

wolfGang 5

そして「ロブスタービスク」はスープの事です。コレもまた、濃厚なロブスターの味がたまりません。とろっとしたスープは、数口ですが、素晴らしい風味。

wolfGang 6

これだけじゃ足りないかな〜と思い、注文した「シズリングベーコン」は、美味しいですが、ステーキの前には、要らなかったなと少し後悔。

wolfGang3

そしてメインの熟成肉ステーキ!

「ジュー」という音とともに現れステーキは、アツアツの皿に、のって現れます。その場で、持ってきた店員さんが、切り分けてくれます。

ステーキには、たっぷりと溶けたバターがかかっており、食欲を誘ういい香り。

まず最初に、店員さんがサーロインとフィレを、お皿に一枚ずつ取り分けてくれます。

6afc191c
(興奮しててあまりいい写真が撮れませんでした・・)

中心にTボーンと言われる骨があり、Tの左側がフィレ、右側がサーロインです。お肉が大きすぎて、1つのステーキの中で、2つの部位があるという驚き。

さっそく口に含むと、お肉はやわらかく、口の中に香ばしいバターの香りがひろがります。

その後、口いっぱいに広がる熟成肉特有の旨味・・・めちゃくちゃ美味しいです!

高級店で小皿に盛られて出てきて、口の中でとろけて消えるような肉とは、また違う、まさに「肉食ってる」って感じのお肉です。

比較的フィレの方が、やわらかくて分厚いですね。

肉の量

そしてここからが注意して頂きたいのですが・・・多いです。肉の量が多い!

相手が、あまりたくさん食べれない女の子だとすれば、2人用でも最後残してしまいそうな成程、量が多いです。

一見、あまり大きくなく見えますが、肉の一切れ一切れがとても分厚いので、写真で見るよりもボリューム満点です。

プライムステーキを食べるときは、是非お腹を空かして行ってくださいね。

それにしても、有吉さんは、コレを1人でがっついてましたよね。実際に食べたら分かりますが、中々の食欲ですよ。

予約はいる?

wolfGang 7

実は、僕が「ウルフギャングステーキハウス」に行ったのは、12月25日。そう、クリスマスです!

クリスマスに何処かでディナーをするなら、以前から気になっていた、ウルフギャングにしよう、ということで、バッチリ予約して行きました。

関西初出店となるウルフギャングステーキハウス大阪店は、ルクアイーレの上階なので、立地もよく常に人がいっぱいです。

確実にお店に入りたいのであれば、予約必須かと思います。

実際ぼくは、予約可能な2ヶ月前(10月25日)にウェブから予約をしました。流石にクリスマスなのでかなり気合を入れて予約しました。

テーブルではなく、数席あるカウンター席は、比較的当日でも座れるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。肉食べたくなりますよね。

ぼくも、有吉さんの番組を見て食べたくなったくちですから。

ちなみに「フライドポテト」もメニューありますが、あれはやめていた方がいいです。となりのカップルが注文していて、大量のフライドポテトに困り果てていましたので笑

どうやら持ち帰りもできるようなことを言っていました。

なにはともあれ、ウルフギャングステーキハウス!おすすめです!

スポンサードリンク