ビジネスバッグなら『TUMI』を買え!タフで万能な仕事の相棒!

スポンサードリンク




みなさんビジネスバッグにこだわりはありますか?

毎日使うものだからこそ、ビジネスバッグにはこだわりたいですよね。

そんな、デザイン性・機能性・タフさを兼ね合わせた『TUMI(トゥミ)』のビジネスバッグはご存知ですか?大定番なので、町中でもよく見かけます。

今回は、なぜTUMIのビジネスバッグが、多くの人々に支持されるかを実際に購入した「TUMI ALPHA2」をもとにご紹介します。

TUMI(トゥミ)とは?

TUMI(トゥミ)とは、アメリカの鞄メーカです。主力商品はしなやかで強靭なバリスティックナイロンを使った鞄であり、世界中に多くのファンがいます。

日本人でよくTUMIを「ツミ」と呼んでいる人を見かけますが、公式には「トゥミ」です。

ビジネスパーソンから絶大な人気を誇る同ブランドの鞄は、いまや20代〜40代のビジネスパーソンが一度は欲しくなる商品ではないでしょうか?

大定番!TUMI ALPHA2 Businessを購入

今回は、どうしても欲しかったTUMIの看板商品の一つとも言える「TUMI ALPHA2 Business」をネットで購入しました。なぜかというと、ネットで買うとかなりお得にTUMIのバッグを手に入れられるんです!

店頭購入より安いのはもちろん、アウトレットで買うよりも実際安いです。ネットだと偽物が届きそうで怖いと言う方の為に、購入レポートをしてみましょう。

開封レポート

▲もちろん届くのは正規品です。

どん!これがTUMIです!全体が黒のオーソドックスなTUMIビジネスバッグですね。

超高耐久バリスティックナイロン

バッグ自体は、全面TUMIオリジナルの超高密度ナイロンの「バリスティックナイロン」で出来ています。

このナイロンが、TUMIの特徴である、最高レベルの耐久性と耐衝撃性を生み出しています。アメリカ軍の防弾チョッキをさらに改良してできた、まさに最強のナイロン。

バッグの収納力

▲側面から見ると、物を入れなければ思いの外スッキリしています。ちなみにこの取っ手の部分は、レザーで出来ており、かなりしっかりした固い素材です。

▲ガバッと開くように、ファスナーは鞄側面の一番下まで下ろせるようになっています。これって意外と大事なポイントですよね。

▲写真の上の方は、パソコンなどを入れられるように、クッション性の素材で出来たポケットがあります。15インチくらいまでならスポっと入ります。

その手前は書類などを入れるメインのスペース。ちなみに、見えている白い紙がA4サイズです。

▲実際一式入れてみるとこんな感じ。ノートPC・書類・ノート・本などガンガン入れても余裕です。

▲中にも小さいポケットがあるので、コード類などを分けるのに便利ですね。凸凹した部分が、PC保護のクッション。

前面・裏面の収納スペース

TUMIと言えば、この全面の逆U字型のポケットが特徴的です。左から見ていきましょう。

左はかなり大きなスペースなので、財布やペン、鍵など想像以上にたくさん入ります。そして、赤いファスナーがついたポケットが見えますでしょうか?

このポケットの中に入れたものは、スキミングされないんです。つまり、ICカードやクレジットカードなどを不正にスキャンされる心配がない、セーフティゾーンなのです!今どき!

▲かなり入ります。そこそこ深さもあります。

▲対して右側のポケットはなんと防水です。結露する水筒をいれたり、濡れた折りたたみ傘を入れるスペースとして抜群の効果を発揮します。

大きすぎる折り畳み傘は入らないので注意が必要です。

気になるサイズ感

ネットで鞄を買う時に、一番気がかりなのはサイズ感だと思います。できるなら店頭で見て購入すると良いと思いますが、一言で言うと「たくさん入るけどコンパクト」。

▲鞄に対して、白い紙がA4サイズです。見ての通り横に余裕があります。

このサイズの鞄って、大きすぎてなんだか目立つ事が多いですが、TUMIのバッグは大きすぎる印象がありません。

サイズ的には大きいはずなんですが、実際持ってみると何ら問題ない普通のビジネスバッグのサイズ感です。このあたりの機能性とデザイン性のバランスがさすがと言えますね。

さらに、ショルダーストラップもついているので、斜めがけも可能です。このショルダーストラップが、よくある「ただのおまけ」ではなく、本格的に使えるアイテムです。

ちなみにこのストラップ、付属ですが単体で買うと約6500円。一級品です。

しいて言うなら改善点

ここまで完璧といえるTUMIのビジネスバッグですが、しいて言うなら底にスパイクが欲しいです。

▲上記のように鞄の底には何もありません。ビジネスバッグは、結構地面に置かないといけない場面があります。

その時、スパイクのようなものが付いていれば、鞄の汚れを防いでくれるので便利。人によるとは思いますが、個人的には改善してほしいですね。

まとめ

実売価格が3〜5万円のTUMIは「手の届く最高級ビジネスバッグ」であることに間違いありません。また、価格に関して言えば、高すぎないので営業先でも鼻につきません。まとめると

  • 高耐久
  • スッキリしたデザイン
  • 程よい価格
  • 豊富すぎるポケット
  • PC・書類が問題なく入る

といったところでしょう。公式に防水はうたっていませんが、雨もかなり弾きます。最高に使いやすいビジネスパーソンの味方TUMI。お気に入りの一品になることは間違い無さそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。