ディズニーセレブレーションホテル速攻レビュー!泊まった感想

スポンサードリンク

前回、東京ディズニーセレブレーションホテルが、6月1日に開業するということで、アンバサダーホテル・ホテルミラコスタ・東京ディズニーホテルセレブレーションホテルの違いを比較しました。▼

セレブレーションホテルって?ディズニー好き必見!新ホテルを比較

2016.03.27

そして、今回は、実際に「東京ディズニーセレブレーションホテル」に宿泊してきたので、実際の写真と共にご紹介したいと思います。

お部屋や中庭、隠れミッキー、アメニティなど、気になる情報を一挙ご紹介します。

ディズニーセレブレーションホテルの場所

ディズニーセレブレーションホテル立地

いま日本にある、ディズニーホテルは、セレブレーションホテルを入れて4つ。その中でも、アンバサダーホテルホテルミラコスタ東京ディズニーホテルの3ホテルは、ディズニーリゾートのすぐ近くに立地しています。

ホテルミラコスタに関しては、ディズニーシーのパーク内という好立地。それに対して、今回のディズニーセレブレーションホテルは、上記の地図のように、パークからは離れた場所にあるディズニーホテルです。

なので、ディズニーリゾートライン(モノレール)で行くことはできず、無料の送迎バスに乗ってホテルへと向かうこととなります。

ディズニーの送迎バスで移動

IMG_0694

今回は、ディズニーランドからバスに乗車しました。パーク発のディズニーバスは、バスターミナルから出発します。ホテルは正面入口前です。

  • ディズニーランド→5番乗り場
  • ディズニーシー→7番乗り場
  • セレブレーションホテル→正面バス乗り場
DSC_2710

こんな感じで、セレブレーション行きの無料送迎バスが現れます。外装にはキャラクターやパークの絵柄があしらわれており、電光掲示板には、「ウィッシュ」の文字が。

DSC_2714

社内は、普通のバスのような内装ですが、大きな液晶パネルが前後2枚設置されており、それぞれでディズニー情報が流れています。

バスの運転手さんが、到着までディズニーの豆知識や、明日のパークスケジュールなどを話してくれるので、乗っていて飽きません。

さすが運転手もディズニーのキャストの一員というか、社内に乗った人が、誕生日シールを貼っていたのも見逃さず、ホテルへ向かう途中で誕生日をバスでお祝いしていました。さすが!

DSC_2836

こちらは、朝の画像ですが、ホテルの周囲は、あまり店などがない地域で、外国のようにまっすぐで、ヤシの木がそびえるおしゃれな道路でした。

所要時間は、15分〜25分程度です。パークの混み具合によっては、バスが混み合うので、その日によって所要時間は変わってきます。実距離で言うと6キロ程です。

セレブレーションホテルにチェックイン

DSC_2834

バスを降りると、すぐにホテルの入口があります。

DSC_2833

待合スペース

正面から中に入ると、目の前にミニーマウスのモニュメントのある待合室が現れます。

DSC_2726

待合室の、ミニーのまわりには、ティーカップの形をしたカラフルな椅子があります。カップが半分に切れた形です。

DSC_2729

すぐとなりのゾーンでは、キッズが飽きないように待てるスペースがあります。ここでは、ディズニーのアニメが流れています。(この時はアラジン)

DSC_2730

フロント・ゲストサービス

DSC_2720

ホテルへ入って、右側にはフロントデスク、左側にはゲストサービスのカウンターがあります。それぞれの後ろの壁には、ディズニーの絵が描かれています。

DSC_2717

ホテルのキーは、キーカード式で、チェックアウト時は、出入り口にあるボックスにカードを返せば良い仕組みとなっています。

DSC_2725

部屋になくて、フロントで頼めば貰えるアメニティは以下のとおり。

  • 大人用ひげ剃り
  • キッズ用パジャマ・スリッパ

隠れミッキー

そして、この左右のフロントデスクとゲストサービスの後ろの絵には、それぞれ隠れミッキーがいます。フロントデスクに1箇所。ゲストサービスに1箇所です。

フロントデスクは、かなり簡単に見つけることができます。

DSC_2722

ただし、ゲストサービス側はめちゃくちゃ難しいです。

DSC_2731

ヒント!※ネタバレが嫌な人は飛ばし読みしてください

ゲストサービス側の隠れミッキーは、背景が暗い場所に、黒いミッキーマークがあるので、わかりにくいです。ある場所には、6つのミッキーマークがぞろぞろっと集まっています。

DSC_2733



フロント→部屋までの館内設備

フロントで、チェックインを済ませ、キーを受け取るといよいよお部屋へ向かいます。今回泊まったお部屋は、ガーデンサイドの5階です。

DSC_2796

ちなみに5階が最上階となります。エレベーターがフロアにつくと、ミッキーの声で「5階だよ!さあついた!」とアナウンスが流れます。テンション上がっちゃいますね。

部屋数はかなり多い印象です。

DSC_2795

廊下は柔らかいじゅうたんなので、子供が転んでも安心。

DSC_2736

アサガオがじゅうたんに描かれています。

DSC_2735

自動販売機

DSC_2740

自動販売機は、各フロアに配備。

製氷機

DSC_2742

製氷機は、無料で気利用できます。部屋でお酒割ったりするのにも使えそう。

コインランドリー

DSC_2763

洗剤も売っていますので、長期滞在もできそう。

DSC_2764

喫煙ルーム

DSC_2827

ホテル館内は、禁煙となっているので、1階には喫煙室が設けられています。分煙がなっているので、小さいお子さんにも安心して泊まってもらえますね。

DSC_2826

ちなみに喫煙室横には、ガチャガチャやゲーム機も。

セレブレーションホテル・ゲストルーム

DSC_2737

いよいよゲストルームです。扉には蝶々がどの部屋にもいます。そして、扉をキーカードで開けると。

DSC_2744

ついにディズニーホテルのゲストルームとご対面。入って左側に、洗面所とトイレ。その先がベットルームとなっています。

ベッド・ソファー

DSC_2747

まず、目に飛び込んでくるのは、カラフルなディズニーキャラ達のイラストが描かれた壁面。パークのアトラクションで、ディズニーキャラが楽しそうに遊んでいます。

奥にはソファーベットが2台。

DSC_2745

別途のサイズは、シングルが2台。枕元には、コンセント(USBポートもあり)とシチズンのデジタル時計。

DSC_2746

奥のテーブルと、ソファーベットは、部屋でくつろぐのに使っても、4人で泊まって、ベッドとしてもとしても使える、大型サイズです。

DSC_2748

テレビ周り・加湿器・ネット

DSC_2749

大きなPanasonicの液晶テレビが備え付けてあります。ディズニーランドには、Panasonic提供のアトラクションもあるので、関係しているんでしょうか?

DSC_2750

電話とティーセット・ケトルがあります。そして右の棚を開けると、金庫と冷蔵庫があります。

DSC_2813 DSC_2800

エアコンをかけっぱなしだと、乾燥が気になりますが、加湿器が標準で備え付けなので、長時間のエアコンも安心ですね。館内は禁煙なので、ビジネスホテルのようなヤニ臭さはまずありません。

テレビをつけると、ディズニーセレブレーションホテル用のメニューが現れます。

DSC_2816

右下の、無料インターネットサービスを選択すると、館内Wi-FiのIDとパスワードが表示されるので、無料でWi-Fiを利用することができます。

パークでたくさん撮った写真を、部屋に帰ってアップロードできますね。

洗面所・トイレ・アメニティ

DSC_2755

洗面所

洗面所は、思っていたより普通で、そこらのホテルとあまり変わりない印象です。

DSC_2756

歯ブラシ・くし・綿棒などのアメニティには、ディズニーセレブレーションホテルのロゴが入っていますので、ちょっとレア。

DSC_2814

ドライヤーは、もちろん備え付けですが、風量はあまり強くないので、髪の長い女性は、家からドライヤーを持って行ったほうがいいかもしれません。

DSC_2757

風呂・トイレ

DSC_2760

風呂は、ユニットバスではなくセパレート。シャワーと、少しちいさな風呂おけがあります。シャンプー・コンディショナー・ボディーソープは備え付けです。

DSC_2759

トイレも、至って普通で、ウォシュレットはついています。ホテルの一階にも、共用のトイレはありますよ。Nationalのロゴが入っているので、改装前の古いトイレの可能性ありですね。

DSC_2798

パジャマ・スリッパ

パジャマは、4つ引き出しに入っています。

DSC_2801

広げてみるとこんな感じ。一枚の長いシャツのような形なので、女性が着ると大きくてかわいい感じ。男性はちょっと抵抗があるかもしれませんね。

DSC_2821

スリッパにもセレブレーションホテル特有のミッキーロゴが。サイズはちょっと小さめで、足の大きな男性にはちょっとキツイかも。

DSC_2753

壁面は、可愛くて、ベッドも満足の仕上がりですが、全体的には普通のホテルだなというイメージ。特別感を求めるなら、ミラコスタなどがいいかもしれません。


セレブレーションホテルの中庭

DSC_2767

夜の中庭は、ライトアップされて幻想的です。カッティングされた草木は、デイズニーキャラの形となって、電飾が催されています。

DSC_2775

中央には、井戸のようなものがあり、触ってみましたが、特に何もできず。ウワサではなにか仕掛けがあるとか。皆さんも試してみてください。

DSC_2772

ちなみに、昼間の中庭はこんな感じです。

DSC_2823

ガーデンサイドのお部屋なら、部屋からこの中庭を眺めることができますよ。

DSC_2822

ホテル館内ショップ

館内の「ディズニー・ファンタジー」では、パーク内で販売している、おみやげを購入することが可能です。(営業時間は8:00〜21:00)

disney-celebration-hotel39

今回は、目一杯パークで遊んでからホテルに帰ってきたので、もう閉まっていました。このショップを利用するのは、結構むずかしいかも。

DSC_2782

ホテル内のコンビニ

DSC_2783

ホテル内のコンビニ(ウィッシュスナック&サンドリー)は、24時間営業です。

DSC_2784

中は本当にコンビニのような作りになっていますが、売っているものがちょっと違います。ディズニー仕様のボディーシートや、スマホ充電器があります。

DSC_2785

おしゃれなバスボムもたくさんあります。お部屋でディズニー風呂を満喫できます。

DSC_2786

売っているお菓子も、一見外国のような、ちょっと珍しい物が陳列されていますね。

DSC_2787

パークで不安な、雨対策の折りたたみ傘やレインコートもここで買えます。傘を忘れても、次の日に備えて買えるのが嬉しい所で、価格も案外良心的。

DSC_2788

アイスも売ってます。

DSC_2789

ペットボトル飲料も、品揃え豊富です。お酒もここで買えるので、ディズニーランドから帰って、部屋で一杯やりたい時も大丈夫。

DSC_2790

置いてあるのは、外国風お菓子だけかと思えば、カップ麺や、お馴染みのお菓子も置いてあります。

DSC_2791 DSC_2793

おにぎりやサンドイッチもあるので、朝ごはんには良いかもしれませんね。価格もそこまで高いわけではありません。おにぎり139円。

DSC_2792

朝食

DSC_2832

ウィッシュカフェでは、朝食をとる事ができます。ルームサービスやレストランは無いので、朝食がセレブレーションホテルの唯一の食事場所とです。

DSC_2831

料金は、大人と子供で違いますが、未就学児は無料です。

DSC_2829

席には、朝日が入って、明るく爽やかな印象です。

DSC_2828

セレブレーションホテル宿泊者には、ハッピー15エントリーがあるので、15分前にパークに入れます。それでも1時間前にはパークに着いておきたいので、ここでゆっくり朝食をとっている暇は無いかもしれませんね。

セレブレーションホテルの豆知識

実際の写真と共に、セレブレーションホテルの魅力を紹介してきましたが、ここからは、あまり取り上げられない情報も、ご紹介します。

外貨両替

フロントで外貨両替が可能です。主要外貨から日本円への、外貨両替が可能です。

ファクシミリ・コピー

FAXの送受信がフロントで可能です。送信の場合は有料となります。合わせて、コピーも有料でフロントが行ってくれます。

パークチケットの販売・バースデーシール

フロントで、ディズニーランド・ディズニーシーのパークチケットを購入できます。ちなみに、誕生日の日に貰える「バースデーシール」も係員に言えばもらえます。

荷物の預かり・宅配

チェックアウト後も、荷物の預りをしてくれます。6:45〜11:45の間であれば、ゲストサービスで荷物の宅配を請け負ってくれます。

タクシー

希望すれば、タクシーをセレブレーションホテルまで呼んでくれます。ワゴンタクシーやジャンボタクシーは、数に限りがあるので、早い者勝ち。

携帯充電器貸出

フロントで携帯の充電器を貸出しています。(機種によっては不可)コチラのサービスは有料です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディズニーシーセレブレーションホテルは、リーズナブルながら、ディズニーホテルの公式ホテルであり、数々の特典を受けることができます。

ホテル設備自体は、はっきり言って普通ですが、この特典とキャラに囲まれた空間を、この値段で楽しめると思えば、満足度は高いですね。

価格も安いので、ロングステイも考えてみてはいかがですか?

ホテル比較はコチラ▼

セレブレーションホテルって?ディズニー好き必見!新ホテルを比較

2016.03.27

スポンサードリンク