『Todoist』に惚れた!人工知能搭載のオンリーワンToDOアプリ

スポンサードリンク




毎日忙しい日々をすごす日本人。

何をやれば良いのか、いつまでにやれば良いのか、頭の中がごちゃごちゃになっていませんか?

そんな時に役立つのがToDoアプリ!やるべきタスクを忘れないように、スマホやパソコンで管理するのは、できる人なら必ずやっている作業です。

しかし、ToDoアプリもたくさんあって、どれを使えばいいか分からないという方には、『Todoist』をオススメします。

圧倒的なデザイン力で、使いやすいだけでなく、なんと今回ToDoアプリで初めて人工知能を搭載した、唯一無二のアプリとなって強力な進化を遂げたんです。

あなたのやるべきタスクを、人工知能が「いつやるべきか賢くおすすめ」してくれるんです。

そんな気になるToDoアプリ『Todoist』の魅力をご紹介します。

Todoist: Todoリスト | タスク管理
(2016.11.16時点)
posted with ポチレバ

Todoistとは?

Todoistとは、全世界400万人が使うToDoアプリです。

あらゆるプラットフォームで動作

アプリとはいえ、ほぼWebサービスなので、あらゆるプラットフォームでデータは同期されます。つまり、パソコンでもスマホでもタブレットでも、常に同じタスクを管理できるんです。

Googleのアカウントでも登録できるので、使い始めるハードルは低めです。

todoist16

使うのが楽しくなるような、スタイリッシュなデザインは、それぞれのプラットフォームの為に開発されており、使いやすさとスピードも抜群です。

Todoistならではのお気に入りポイント

もちろん、あらゆるプラットフォームで使えるToDoアプリは、Todoist以外にもありました。しかし、Todoistのお気に入りポイントはそこではありません。

何と言っても階層化できるのが、Todoistの使いやすさのポイントです。通常のToDoアプリの場合、一列にタスクを表示します。

よくあるTodoアプリの場合

todoist18

▲これでは、ただやることを羅列しているだけで、情報が少なすぎます。また、プライベートも仕事も入り混じり、いつやるかも分かりません。

このような状態で、結局訳がわからなくなってアプリでの管理をやめたという人をたくさん見てきました。

Todoistの場合

todoist11

▲このように、まず大枠のプロジェクト(上記の例では「プライベート」と「ビジネス」)を決めて、さらにその下に階層化してプロジェクトを作っていきます。

todoist6

▲そして、その中に個別のタスクを作成するのがTodoistのやり方です。(上記の例では、ビジネス→山田商事案件の中にタスクを作っています。)

やり方は、人それぞれなので、もちろんどんなプロジェクトを作っても構いません。

プロジェクトという言い方自体が難しそうですが、要はパソコンのフォルダ分けと同じで、タスクをきちんとグループでまとめる機能がついているんです。

右にスワイプで完了

todoist14

右にスワイプすると、タスクを完了済みとして削除できます。

左にスワイプで「やる日」を決めよう

todoist13

左にスワイプすると、いつやるかの日程をつける事が出来ます。

todoist4

▲このように表示されたナビゲーションで、いつやるかを決定します。コレがとても重要で、タスクは入れたけど、結局ずっと残っているというダラダラタスクを解消してくれます。

todoist5

▲もちろん、今日明日ではなく、かなり先の日程を選択することもできます。忘れてはいけない事は、とりあえずTodoistに放り込んで、いつやるかの日程を付けておけば安心です。

今日やることがわかる

階層化したら、どの案件のタスクかが分かって便利な反面、分けすぎるとやるべきタスクがどこに行ったかわからなくなりますよね。

そんな悩みを解消するのが、今日と次の7日間の表示機能。

todoist12

アプリトップ画面に、今日と次の7日間という項目があります。ここさえ見ておけば、事前に振り分けたタスクの、期限が迫っているものがわかります。

todoist9

▲全てのタスクが完了すればこの画面が表示されます。

有料機能もありますよ

todoist7

便利なサービスによくある、さらに便利に使える「有料サービス」。Todoistの場合は「共有」「メモ」「リマインダー」などの機能が開放されます。

todoist8

有料機能では、各タスクごとに詳しいメモを残せたり、リマインダーを起動させたり、他の人とプロジェクトを共有したり出来ます。

十分無料でも使えるので、まずは無料から。もっと活用したくなったら有料契約で大丈夫だと思います。有料も月300円と決して高くはないですね。

大注目の『人工知能』搭載アップデート

todoist19

そんな、使いやすいTodoistですが、さらなる機能向上を含んだアップデートが11月17日に行われました。それは人工知能の搭載です。

最近どこでもAIだ人工知能だと、市場は大変盛り上がっていますが、我々が実際に使える人工知能は、まだまだ少ない印象です。

Todoistは、ToDoアプリで初めて人工知能を搭載することにより、我々一般人が使える、身近なアシスタント機能を開放してくれた模様です。

おすすめのタスク処理日を考えるアシスタント

todoist21

▲先ほど、自分でタスクの処理日を入力すると記載しましたが、人工知能搭載後のTodoistでは、なんとおすすめのタスク処理日を、勝手にアシストしてくれます。

画像では英語ですが日本語表記では「かんたんスケジュール」というボタンをクリックすると、AIが自動的に予定日を決めてくれます。

AIは考える・・

AI(人工知能)は、あなたのタスクの傾向を考えて最適な日程を決めます。

それは、「休日か平日か」「他の予定が多すぎないか?」「いつもはこの日にやってるよね?」とユーザーの思考を捉え、使えば使うほど賢くなります。

これは、使い込んだらとんでもない便利なツールになりそうです。

まとめ

タスク管理は、忘れたり、ミスを無くすだけでなく、頭の中をスッキリ整理する役割もあります。

脳の一時記憶領域では、せいぜい5〜7個ほどの出来事しか留めておけません。つまり、人が忘れるのは当然の事であり、脳の仕組み上仕方ない事なんです。

なので、自分は忘れるという事を前提に、このようなサポートアプリを利用することで、自分に足りない部分をうまく補える人が、できる人なんですね。

 

Todoist: Todoリスト | タスク管理
(2016.11.16時点)
posted with ポチレバ

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。