Surface Book VS MacBook Pro 最高級ノートブック対決!

スポンサードリンク




この10月後半、一斉にPC市場が盛り上がる発表がありました。

一つは、マイクロソフトの「新Surfaceシリーズ発表会」。そして、もう一つは、アップルによる「MacBook Proの新モデル発表会」。

ついに、マイクロソフトとアップルが、それぞれのフラグシップマシンで真っ向勝負となったわけですね。

その中でも、特に市場がカブる製品が、新Surface Book新MacBook Proの、最高級ノートブック対決でしょう。

どちらも最高に魅力的な端末に仕上げてきており、甲乙つけがたいですが、今回はそれぞれの違いを踏まえて比較してみたいと思います。

デザイン比較

高級ノートブックというだけあり、やはり両モデルとも、見た目がかなり高品質でおしゃれな仕上げとなっています。

Surface Book

surface-book-vs-macbook-pro_1

まずは、Surface Bookからです。実は、Surface Bookの外見は、初代から変わっていません。元々洗練されたデザインでしたので触る必要はないとの判断でしょうか。

ボディはシルバーの軽量マグネシウム合金でできており、高級感は満載。

surface-book-vs-macbook-pro_2

閉じた時は、ヒンジの部分に少し厚みが出てしまう傾向にあります。そして、なんだか不思議な曲がり方をします。

しかし、このヒンジ部分こそがSurface Bookが唯一であると感じさせる、着脱式のディスプレイを可能にさせているんです。▼

surface-book-vs-macbook-pro_3

タブレットなのか、ノートパソコンなのか、それをハッキリさせる必要はありません。Surface Bookは、どちらも欲しい欲張りな人にピッタリの端末です。

MacBook Pro

surface-book-vs-macbook-pro_4

MacBook Proと言えば、このアルミデザインが特徴的であり、新型MacBook Proも見事にその流れをくむスタイリッシュなデザインです。

今回から、シルバーの他にグレーも追加され、少しだけ色の選択肢が増えました。

apple-macbook-pro-13-inch-2017-side

特筆すべきは、やはりその薄さ継ぎ目のない一枚の板のようなボディです。さすが、購入ノートPCの市場を開拓したMac Bookの存在感を感じさせる製品です。

surface-book-vs-macbook-pro_6

また、今回のモデルからは、ファンクションキーが排除され、有機ELの「Touch Bar」が搭載されキーボード周りの見た目にも変更があります。

Surface BookもMacBook Proも、アルミやマグネシウム合金など、高級感ある素材に拘っている印象です。

似ているようで、Surface Bookは着脱式ディスプレイの為、少しデザインに違和感はあります。その点、美しさで言うとMacBook Proの方が突き抜けている印象を受けますね。

OS比較

ノートブックというジャンルである限り、外観は似てしまうのは仕方ありません。

ですが、両モデルに搭載されているOSは、大きく違うのでアイデンティティを発揮するチャンスです。WindowsとMac OSの真っ向勝負ですね。

Surface BooK「Windows10」

surface-book-vs-macbook-pro_7

Surface Bookには、みなさんお馴染みの「Windows」が搭載されています。搭載バージョンは、最新バージョンのWindows10です。

やはり、世界のPC用OSシェアでみても圧倒的な地位を誇るWindows。特にビジネスユースで愛されるOSであることは間違いないでしょう。

仕事用としても既存のシステムや、社内環境を気にせず気軽に導入できるのが、Windowsの大きな強みではないでしょうか。

MacBook Pro「macOS」

surface-book-vs-macbook-pro_8

対するMacBook Proにも、最新OSである「macOS」が搭載されています。

macOSは、馴染みのない人にとっては戸惑うこともあるかもしれませんが、基本的にWindowsでできることと大差ありません。

また、初めてパソコンに触れる人にとっては、Windowsより視覚的な動作が多いので使いやすいといわれることも多いOSです。

しかし、世界的にみるとシェアが低いOSなので、macOSには対応していないソフトや、プリンタードライバーなどが存在することも事実ですね。

また、デザイナーやプログラマーなどは、MACを好んで使う傾向にあります。

用途別で比較

surface-book-vs-macbook-pro_10

それぞれのPCの良さを最大限引き出すには、シチュエーションの違いを考える必要があります。シチュエーションによって、どちらの端末が優れているかを比較します。

持ち運ぶ

ノートブックPCの醍醐味といえば、持ち運びですよね。

最近のPCは、技術の進化とともに薄くて軽い製品が増えてきました。もちろんSurfaceもMacBook Proも非常に薄くて軽い仕上がりになっています。それぞれの、持ち運びに関する指標を比較してみましょう。

Surface Bookの重量 1.64kg

MacBook Proの重量 1.37kg

重量に関しては、MacBook Proの勝利です。長時間持ち歩くことも多い、ノートPCは軽いのに越したことはありません。

これは、意外と重要で重いPCだと持ち歩くのが億劫になり、不便を感じるようになります。外回りのビジネスマンなどは、このあたりも考慮して選択したいですね。

Surface Bookのバッテリー持続時間 公称16時間

MacBook Proのバッテリー持続時間 公称10時間

バッテリー持続時間に関しては、Surface Bookに軍配が上がります。もちろん、使い方や、使用するソフトによって持続時間は変わります。

外出先では、コンセントを確保するのが難しい場合が多くあります。そのような事も想定して、1日たっぷり安心して使えるだけのバッテリー持続時間は、非常に魅力的です。

「重さ」と「バッテリー」あなたはどちらに重点をおきますか?

クリエイター市場

surface-book-vs-macbook-pro_11

「デザイナーと言えばMac!」というイメージがありますが、そのAppleの独壇場であったクリエーター市場に、宣戦布告したのが、まさにSurfaceシリーズです。

いまでは、Adobe系のイラストレーターやフォトショップの相性は、Windows、Macともに変わりないレベルまで達しています。

それに加え、Surface Bookは、ペン入力に対応したマルチタッチディスプレーなので、まさにiPadとMacが融合したような製品。

この点、スティーブ・ジョブズがtouch対応PCを否定していただけに、AppleはMacにタッチパネルを採用しにくいのでしょうか。その代わりに、今回は「Touch Bar」という有機ELのBarが追加されました。

これから、クリエイターがMacではなくSurfaceを積極採用するのか、注目が集まるところです。

価格で比較

Web-Marketing7

最後は気になる価格での比較です。Surface Bookに関しては、まだ日本国内の正規販売情報が無い為(2016年10月29日現在)ある程度予測価格となります。

今回は、それぞれのスペックをMAXまでカスタマイズした状態で比較したいと思います。スペックは以下の通り。

  • 13インチ
  • CPU:Core i 7
  • SSD:1TB
  • メモリ:16GB

Surface Book 約34.5万円(3299ドル)

MacBook Pro 28.8万円

※税抜き価格

価格は、あくまで現時点の参考価格だと思って頂きたいところですが、意外と差が大きく出ました。Surface Bookの方がMacBook Proより、約5万円強高くなる計算です。

Surface Bookは、タブレットとしても使える側面を持つところと、タッチペンが付属している事を考えると、MacBook Proより価格が高くなるのは仕方がないのかもしれません。

何れにせよ、ノートPCというジャンルの中では、かなりの高級品であることは間違い無さそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

やはり、大きな違いは、OS着脱式タッチディスプレーの有無であることがわかります。一件Surface Bookの方が優れている面が多そうに見えますが、MacBook ProはハードとOSの素晴らしい結合具合も魅力の一つです。

そのような使いやすさは、カタログスペック上ではわからない部分でもあります。

是非、どちらも実物を触ってみて、ビビッと来る方を選んで貰いたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。