肉タレ屋の原価率67%「ローストビーフ丼」

スポンサードリンク




イギリスの伝統料理「ローストビーフ」って美味しいですよね。

牛肉の塊を、オーブンで蒸し焼きにし、うすーく切って食べるアレです。

今日は、そんなローストビーフのアレンジ料理ローストビーフ丼です。

そして、ご紹介するのは、ローストビーフ丼でかなり話題になっているお店「肉タレ屋」さんです。

肉タレ屋

肉タレ屋

店舗情報

  • 営業時間 : 11:00〜14:30  17:00〜24:00 ※ランチ営業、夜10時以降入店可
  • 定休日 : 火曜日
  • 客席 : 28席(カウンター席、テーブル席、小上がり掘りごたつ式座敷席)
  • 喫煙 : 全席喫煙可
  • 駐車場 : 無(近隣コインパーキング有り)
  • 住所:大阪府大阪市天王寺区寺田町2-2-7 エースビル 1F


大阪環状線の「寺田町」駅から徒歩5分以内の場所なので、利便性は抜群です。

天王寺のすぐ近くですね。寺田町は、住宅、マンション、学校などが多ため、飲食店も多いです。

すぐ向かいの天丼屋「たま天」や、ラーメンの「わっしょい」も有名です。

ホンマは1480円で食べて欲しいローストビーフ丼

メニュー表

のぼりや、メニューには「ホンマは1480円で食べて欲しいローストビーフ丼」と書かれています。

おそらく980円の中サイズとくらべての事だと思います。

もう一つのキャッチコピーが「原価率67%の本気」だそうですから。

お店いわく、黒毛和牛のAランクを使用しているそうです。

つまり、ランチタイムには、お得に良いお肉を提供していますよって事ですね。

行列

コチラの肉タレ屋さんは、最近数々のメディアで取り上げられた事や、メガ盛り丼金賞などのご当地グランプリの影響から、お昼時には結構並んでいます。

※大体10人待くらい

グランプリ

並ぶための椅子も、最近では常備されている程です。

行列

実食!

壁紙

なにわともあれ、食べてみない事にはわかりません。

お客さんは、原価率なんて知ったこっちゃないですから。

サイズは小(880円)、中(980円)、大(1080円)、特大(1180円)の4サイズ

今回は、特大と中を注文しました。

味付けは、タレorわさび醤油から選びますが、テーブルにも両方があるので修正はききます。

ランチのローストビーフ丼には、赤だしとお漬物がついてきます。

赤だし

これが、思わぬ伏兵でかなり美味しい。

赤だしの中に、牛すじがごろごろ入っております。

そして現れたローストビーフ丼。

ローストビーフ丼

※わさび醤油、特大

ローストビーフ丼たれ

※タレ、中

器から溢れんばかりの、ローストビーフが盛りつけられて登場します。

上の写真が特大(わさび醤油)、下が中(タレ)です。特大は女性には大きいですが、食べれる男性なら全然いけます。

さっそく頂きます。

ローストビーフは、柔らかい噛みごたえで、ほぼほぼ生肉のような印象。おいしい肉の刺身って感じです。

甘からいタレと交じり合って、絶品です。

わさび醤油でいただくのもあっさりしてオススメ。タレや醤油は、卓上に置いてありますので、お好みで調整できます。程よく脂がのった肉は、原価率67%の実力発揮です。

まとめ

今回の肉タレ屋さんの「ローストビーフ丼」とても美味しく頂きました。

かなりコスパが良い印象ですね。

ただ、生肉気味が苦手な方には、少し不向きかもしれません。

是非、チェックしてみてください。

スポンサードリンク