プロバイダとは?回線業者とは?インターネット接続のしくみを解説

スポンサードリンク




日々の生活で、インターネットは欠かせないですよね。

パソコンや、プリンター、スマホも家の中ではWi-Fiを繋いで、データ通信量を節約節約っと。そんな、家でも仕事でも、使っていて当たり前となったインターネット。

ところが、家や会社から、どのようにインターネットにつながり、何にお金を払っているのか、今ひとつ分かっていない方が多いですよね。

よく聞くのは、「NTTからネットの請求書がくるのに、OCNからも請求書が来るんですけど?」というような内容のご相談。

確かに、プロバイダや回線事業者など、誰かに教えてもらわなければ、なぜ両方にお金を払わなければならないのかわかりませんよね。

今回は、そんな、プロバイダってなに?という人向けに、違いや仕組みをご紹介します。契約によっては、シンプルにひとまとめにする事もできますよ。

プロバイダとは?

Provider

月々のインターネット料金を払う時、よく耳にする「プロバイダ」という言葉。プロバイダ(Provider)の英単語としての意味は、「供給者」や「調達者」となります。

※正式には、インターネットサービスプロバイダ(Internet Services Provider)と言い、略してIPSと呼ばれたりもしています。

その意味の通り、プロバイダとは、「インターネットの供給者」です。そうは言っても、意味がわかりにくいので、以下の図を御覧ください。

スライド2

自宅とインターネットの間にいる「四角い変なやつ」コイツがプロバイダです。

家から出ている、インターネットの回線を受け取り、インターネットに、正しく安全に繋ぎに行ってくれる、大切な役目を担っているのが、インターネットプロバイダです。

正確には、インターネットに繋ぎに行く為のIPアドレス(番号)を割り振ってくれます。電話をするときは、電話番号が要りますよね。それと同じで、ネットをするにもIPアドレス(番号)が必要なんです。

※IPアドレスは、電話のように固定の番号の場合と、変動する番号の場合があります。

では、次に代表的なプロバイダを挙げてみましょう

光回線

  • OCN
  • So-net
  • ビッグローブ
  • ぷらら
  • U-NEXT
  • eo
  • auひかり
  • @nifty

ADSL

  • イー・アクセス
  • ソフトバンクBB
  • TNC

これらの代表的なインターネットプロバイダ以外にも、たくさんの業者がプロバイダとして活動しています。皆さんの請求書は、どのプロバイダになっていますか?

たくさんのプロバイダから選ぶ時代

現代のインターネット契約がややこしいのは、このプロバイダが乱立しているからなんです。それぞれのプロバイダが、それぞれの特典や料金プランで争っています。

「うちは、ネット速度が速いですよ!」

「うちは、料金が安いですよ!」

「うちは、契約してくれたら、こんなものをプレゼントしますよ」

「うちは、スマホとセットで契約するとお得ですよ」

各プロバイダが、それぞれの強みをもって、広告を打ち出しています。どのプロバイダを選ぶかは、皆さんの自由なので、住んでいる地域や、今契約しているスマホのキャリア等を考慮して選ぶと良いですね。

回線事業者とは?

光ファイバー

続いて、回線事業者についてご紹介します。インターネットに接続するには、プロバイダと回線事業者の2契約が必要となります。

「プロバイダがインターネットに繋いでくれるなら、回線事業者は要らないんじゃないの?」

その気持ちはよくわかります。全部プロバイダがやってくれると楽ですよね。しかし、実際は回線事業者がいないと、インターネットを引く事ができないんです。先ほどの図で見てみましょう。

プロバイダ

先ほどの「四角いヤツ」がプロバイダとして、インターネット接続を助けてくれました。ですが、よく見てください。インターネットに繋がる線がある事を。

つまり、回線業者とは、実際に光回線やADSL回線を引き込む業者の事です。

プロバイダは、すでにある回線を使ってインターネット接続を行ってくれます。しかし、実際に線を引き込んだり、回線のメンテナンスを行うことはありません。

電柱に、光ファイバー等を頑張って配線してくれているのも、回線事業者なんですよ。

主な回線事業者

  • NTT東日本
  • NTT西日本
  • KDDI
  • ソフトバンクBB
  • ケイ・オプティコム

一番有名なのは、もちろんNTTですよね。「フレッツ光」って名前を聞いたことが無い人は、いないんじゃないでしょうか。

大きく分けて、通信会社系、電力会社系、ケーブルテレビ系等の企業が、回線業者として活動しています。他にも、地域限定の回線業者が多く存在します。

サービス提供エリアの広さで言うと、圧倒的にNTTが強いといえます。それもそのはず、元々は、回線と言えばNTTの1社の独占事業であった為です。

回線を引いて、維持・メンテナンスを張り巡らせる必要があるので、かなりの体力がある企業でないと回線事業者にはなれません。なので、参入ハードルは高いと言えるでしょう。

なぜプロバイダと回線事業者は分かれている?

?

ここまで、プロバイダと回線事業者の違いについて、ご説明しました。では、なぜ「プロバイダ」と「回線事業者」は分かれているんでしょうか?

回線事業者がそのまま、プロバイダとしての役目も担ってしまえばいいのに!と思いますよね。

かつては電話回線しか無かった

1990年インターネットが始まった当初、一般家庭に普及している通信手段と言えば、電話回線のみでした。そして、その電話回線を提供していたのは、NTT一社のみ。

技術的には電話回線を利用して、インターネットに繋ぐ事はできますが、NTTと交わしているのは、電話回線の契約のみ。そのため、新たにインターネット契約を結ぶ必要がありました。

その為、電話回線はNTT、ネット契約はプロバイダという流れができたんです。

「その時に、NTTが電話だけじゃなく、ネットのプロバイダもやれば良かったのに」

このように思うかもしれませんが、そんな事をしてしまえば、電話回線もネットも、全てNTTの独占状態となってしまいます。こりゃ完全に独占禁止法ですね。

奇しくも、インターネットを安い料金で、様々なプランで選べるよう、競争が活発化したのは、プロバイダがたくさん現れたからなんです。

2契約が必要で、面倒ですが、私達にとって良い事もあるんです。

回線とプロバイダをまとめる事もできる

まとめる

プロバイダと回線事業者が分かれている事情を説明しましたが、実はまとめる事もできるんです

いわゆるNTTの「フレッツ光」という光回線を提供するプロバイダは、実に300社以上あります。このフレッツ光を使うプロバイダは、どうしても契約が2つになってしまいます。

しかし、それ以外のKDDI系や電力系、ケーブルテレビ系のインターネットは、回線とプロバイダがひとまとめになっている事が多いです。

ひとまとめ回線の例

たとえば、U-NEXTの「光コラボレーション」を例に挙げてみます。

「U-NEXT光コラボレーション」とは、NTT東日本・NTT西日本が提供している「フレッツ光」のサービス卸を株式会社U-NEXTが受け、「U-NEXT光」として販売しています。

なので、U-NEXT光コラボレーションの場合は、光回線とプロバイダがセットで価格が提示されており、契約も一つなので、使用者としては管理が楽で、価格も安いので非常にお得です。

まとめ

ややこしいインターネットですが、多くの業者が競争しあうことは、我々消費者にも大きなメリットがあります。

最近では、格安SIMや電力自由化でも、様々な業者が乱立し始め、インターネットプロバイダと同じようにわかりにくくなりつつありますよね。

あれも、結局は東京電力などが作って、供給する電力をどこの窓口から買うかを選べるようなものなので、プロバイダの仕組みと同じです。

昔に比べ、情報が溢れている現代では、いかに仕組みを勉強し、理解するかが大切です。しっかりと仕組みを理解した人は、そうでない人よりお得に生活できます。

是非、一度自分のインターネット契約を見なおしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。