MacBook Pro13インチは、最も満足度の高い買い物だった

スポンサードリンク




毎日の生活で、生活必需品から娯楽品まで、たくさんの”物”を買います。

そんな、今まで買ったもので、何が一番価格に対して満足度が高かったかな?と思い返してみると、頭に浮かぶのは「MacBook Pro」でした。

もちろん価格は高いですが、こんなに満足度の高い製品は、そうそうありません。パソコンの使用頻度にもよると思いますが、パソコンの購入を考えているならば、MacBook Proは超絶オススメです。

今回は、4年間使って分かったMacBook Proの魅力をご紹介します。

洗練されたデザイン

MacBook Pro3

MacBookの最大の魅力は、その洗練されたデザインだと言っても、過言ではありません。MacBookを持つと、他のWindowsPCがダサく見えて仕方ありません。

カッコいいWindowsPCもあるぞ!という反論もあると思いますが、どこかMacBookへのリスペクトを感じるデザインが多めです。それほどMac Bookのデザインは、ムダがなく洗練されています。

デザインが良いものは、所有欲を満たしてくれます。

MacBook Airじゃない

MacBook Proと似た製品で「MacBook Air」があります。しかし、AIRじゃないんです。カッコいいのはMacBook Pro、もしくはMac Bookなんです。以下がMac Bookのラインナップ。

  • Mac Book(12inch)
  • MacBook Air(11inch・13inch)
  • MacBook Pro(13inch・15inch)

なぜ、MacBook Airではいけないかと言うと、ベゼル(縁)に銀の枠が付いているからです▼

MacBook Pro5

この銀のベゼルがダサいんですね〜。閉じた時はそれなりにカッコいいんですが、開いた時のダサさはMacBook Airの最大の弱点じゃないでしょうか。

それに比べ、MacBook ProとMac Bookには、銀のベゼルが無く、黒くディスプレイと一体となっています。この一体感がかっこいいんです▼

MacBook Pro6

ちなみに、Mac Bookも薄くておしゃれなデザインに一新されました。しかし、画面サイズが12インチであり、後述しますが性能もいまいちなので、MacBook Proには遠く及びません。

Mac Bookはデザイン自体はおしゃれ▼

MacBook Pro4

結局MacBook AirでもMac Bookでも無く「MacBook Pro」なんです。

アルミの質感

MacBook Pro7

MacBook Proの筐体は、アルミでできています。安物ノートPCの、プラスチックとは違い、程よい重厚感と、さらさらした手触りが魅力です。

軽量化軽量化といわれますが、素材に見合った重さは、品位を高めてくれます。ある程度の重さは、人に心地よさを与えるんですね。

もちろん、MacBook Pro自体がかなり薄いので、重いといってもパソコンだと思えば軽量です。

機能は犠牲にしない

MacBook Pro9 MacBook Pro8

いくらデザインが良いとはいえ、機能を削っては意味がありません。その点MacBook Proは、機能もデザインも妥協しない、まさに機能美です。

各ポートは左右に上手く配置され、冷却の為のファンは、ディスプレイの下にほぼ見えない形で収納されています。また、ディスプレイが傷つかないように、外枠にはゴムが張り巡らされていますが、ほとんどの人は、外見では気づかないんじゃないでしょうか。

単純にハイパフォーマンス

MacBook Pro10

MacBook Proは速いです!

WindowsPCも長く使っていましたが、どうしてもWindowsPCって、動作がもたつきがちなんですよね。特に長く使えば使うほど、遅くなります。

もたつかないWindowsが欲しければ、スペック盛々にするか、内部を高速仕様にカスタマイズする必要があります。それも、パソコンに詳しく無い人には、ハードルが高いですよね。

対して、MacBook Proは、誰が買っても最高の状態で出荷されているので、特に何かカスタマイズをセずとも、はじめから爆速です。ある程度長く使っても、あまり遅くはなりません。※もちろん古〜いMacBook Proは遅いです。

動画・写真・音楽編集・ゲーム

ハイパフォーマンスなMacBook Proは、重い作業もこなせます。動画編集や高画質な写真の編集を、チープなパソコンで行うと、イラついて投げ飛ばしそうになります。

MacBook Proは、そんな重たい作業も得意です。デザイナーや、カメラマンはMacBook Proを使っている方がほとんどですよね。Adobeのイラストレーターやフォトショップとも相性がいいので、好んで使われます。

別に、WindowsPCでフォトショップが使えないかというと、全くそんなことは無いんですが、デザイナーってほとんどがMacですよね。

今は、動画編集も、画像編集もゲームもしないよって人でも、MacBook Proを買っておけば、いざやりたいと思った時にできる環境が整っていますね。

操作が高速でハイパフォーマンスだと、様々な恩恵があります。何よりパソコン自体が好きになります。パソコンじゃ遅いからスマホでやろって事は減りますよ。

やっぱりProじゃないと

上記では、デザイン面でMacBook Airを省きましたが、パフォーマンス面でも、圧倒的にMacBook Proに軍配が上がります。

CPUやメモリ等の性能を考えると、AirやMac Bookといった選択肢はナンセンスです。軽さや薄さを求めるなら良いですが、高い割に性能がよくないので、MacBook Proをオススメします。

MacBook AirやMac Bookは、あくまで外出用PC、サブPCの位置づけですが、MacBook Proは、間違いなくメインマシンになります。「ノートPCじゃメインにはできない、やっぱりデスクトップじゃないと」と言う人も、MacBook Proの機能クラムシェルモードを使えば、デスクトップPCに早変わりです。

MacBook Pro11

出典:http://matome.naver.jp/odai/2138050491214319801/2138051283026334103

クラムシェルモードをつかえば、MacBook Proを大きなディスプレイへと出力しながら、マウスやキーボードを使うことができます。最強ですね。

それっぽいスタンドを買えば、デスクまわりをおしゃれに飾ることもできます。

トラックパッドが便利すぎる

MacBook Pro12

これは、MacBook Proに限らずですが、トラックパッドが便利すぎます。これだけは、Macユーザーなら絶対分かって貰えるはずです。

WindowsPCにも、トラックパッドはついていますが、完全に似て非なるものです。Macのトラックパッドは、Windowsとは次元が違います。

もはや、マウスは不要。むしろマウスより高速で、直感的に操作できるので、マウスがじゃまになります。MacBook Proを買ってから、マウスは完全にお蔵入りになりました。

ジェスチャー

トラックパッドは、2本指、3本指と指の本数やピンチ、タップなどあらゆるジェスチャーを感知してくれます。外部アプリを使えば、それらを自分ごのみにカスタマイズすることも可能です。

最近Windows10を搭載したSurfaceでも、ジェスチャー操作が可能なトラックパッドがついています。やっと追いついたのかな〜と思って使ってみると、全然ダメでした。

まだまだMacの真似をしてみた程度で、本当の意味でOSとの親和性があるとは言えない代物でした。あくまでトラックパッドは、OSと一体となって動作してくれないと意味がありません。

それ程までに、Macのトラックパッドは使いやすいんです。タッチパネル付のディスプレイ何て要りません。ノートパソコンは、トラックパッドに拘って下さい。

セキュリティ

MacBook Pro13

正直、これは一概には言えませんが、Macの方がセキュリティ面で有利だと言われています。

だからといって「Macがウイルスにかからない、Macを使っていれば安全」という訳ではありませんので必ず注意は必要です。

ただ、世界レベルで見た時、WindowsPCの方が稼働台数は圧倒的に多いので、ウイルスや標的型攻撃は、Windowsを狙う方が効率が良いのです。

OSも最新に

MacOSは、毎年最新のOSに更新されます。

単純な機能の追加だけではなく、確実にセキュリティーホールは潰されています。最近では、Macに追従するように、Windows10が無料アップデートという形で、提供され始めました。

しかし、Windowsは期限が終わると、無料アップデートも終了です。対してMacは、端末が対応している限り、いつでも無料で最新OSにアップデートできます。

OSを最新に保つ事は、セキュリティレベルを高く保つ上で、非常に大切なことです。

リセールバリューが高い

Web-Marketing7

リセールバリューという言葉をご存知でしょうか?

簡単にいえば、一度買ったものを売る時の価値です。つまり、MacBook Proは、高く売ることができるんです。これは、非常に大切なことです。

MacBook Proは状態が良ければ、かなりの高額で売ることができます。例えば、新型のMacBook Proが発売されて、乗り換えたいなら、今のMacBook Proを売れば、それほど負担なく新型に乗り換える事ができます。

EX)旧MacBook Proを6万で売る→20万円のMacBook Proを購入→実質14万で購入可能

リセールバリューが高いのは、アップル製品の特徴でもあります。Macにかぎらず、iPhoneやiPadも比較的高く売れますね。

うまく活用すれば、常に最新のモデルを購入できます。

バッテリー性能

MacBook Pro2

MacBook Proの魅力の一つに、バッテリー性能があります。MacBook Proのバッテリーは、非常に持ちがいいんです。

これは、ひいき目なしにバッテリーが長持ちです。ノートパソコンは持ち運びができてなんぼの製品ですよね。しょっちゅう電源に繋がなければならないノートパソコンとは違います。

通常の使い方であれば、8時間程持ちます。また、4年近く使っていますが、バッテリーがヘタってきた感じはしません。追い充電もガンガンしてますが問題ありません。

MacBook Proの方が、MacBook Airに比べて厚みがあるため、バッテリーもたくさん積んでいます。持続時間については、十分実用レベルです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今のところ、MacBook Proを購入して悪いところがみつかりません。強いて言うなら15inchではなく、13inchがオススメです。

15inchの方が、総合的なパフォーマンスは高いですが、大きくて携帯性が悪い為、ノートパソコンの良さが失われています。

何はともあれ、MacBook Proは非常に満足度の高い買い物です。今のMacが壊れたら、必ずまたMacBook Proを購入するでしょう。

Windowsからの乗り換えでも、特に戸惑うことはありません。是非おしゃれな一台をゲットしてみてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。