リステリントータルケアの効果を21日試してみた!使い方も解説!

リステリントータルケア

スポンサードリンク




みなさん「お口のケア」はしていますか?

口臭、粘つき、歯肉炎、、、なってからでは遅いですよね。歯磨きだけでなく、口内もしっかりとしたメンテナンスが必要です。

できるなら、キレイな白い歯・爽やかな吐息を、いつまでも保ちたいと誰でも思うはず。

今回は、そんな「お口のトラブルをトータルでケアできる」と人気の、リステリントータルケアの効果を、を実際に21日間使った感想とともにレビューします。

リステリンとは?

listeline

リステリンとは、ジョンソン・エンド・ジョンソンが販売しているマウスウォッシュの製品名です。

マウスウォッシュとは、虫歯や歯周炎、口臭を防ぐための、予防製品です。注意しないといけないのは、虫歯や歯周炎を治すのではなく、予防する製品だという事です。

マウスウォッシュ自体は、様々なメーカーの様々な製品がありますが、リステリンをオススメする理由は、世界販売数がNo.1だということ。実に50カ国以上で愛用されています。

リステリントータルケアとは?

listerine1

リステリンには、いくつか種類があります。

  • リステリン オリジナル
  • リステリン フレッシュミント
  • リステリン クールミント
  • リステリン ナチュラルケア
  • リステリン ターターコントロール
  • ★リステリントータルケア
  • ★リステリントータルケアゼロ

リステリントータルケアは、そんなリステリンシリーズの中でも、最も多くの効果を持ち、お口のケアを一本で済ますことができる最上位シリーズです。

どうせ使うなら、一本で全部済むほうが楽でいいですよね。

種類は上記の2種類。通常の「リステリントータルケア」と、刺激の少ないノンアルコールタイプの「リステリントータルケアゼロ」の2種類です。

口に含んだ時の独特の香りが苦手な人は、ノンアルコールタイプの「リステリントータルケアゼロ」がおすすめですね。効能は同じなので、好みでどうぞ。

どんな人にオススメ?

歯磨き2

公式に効果があるとされいているのは、以下の6つ。トータルケアという名前だけあって、こんなにもたくさんの効能が期待できます。どんな人にオススメかと聞かれたなら、ズバリ全ての人です。

特にタバコを吸っている人なんて、絶対やっておいたほうが良いですよ。

image12

今これらの自覚症状が無くても、将来のケアとして万人に必須と言えます。特に口臭などは、自分では気づかない場合が多いので、やっておいて損は無いですね。

歯垢や歯肉炎予防になるのはもちろんですが、爽やかな吐息や、白い歯が嫌いな人はいないでしょう。

美容・健康は予防が命

お口のケアもそうですが、健康や美容は、損なってからでは遅いんです。どれだけ普段から気をつけているかが、長い目で見ると本当に大切です。

例えば芸能人は、年をとっても綺麗な人や、若く見える人が多いですよね?それは、人に見られる職業なので、「自分磨き」が仕事の内の一つになっているからです。

つまり、芸能人だから容姿をキープできるのではなく、普段から見られる事を意識して、自分の美容や健康に気を使っているから、キレイな容姿をいつまでもキープできるんです。

トラブルが起こる前に、予防に全力を注ぎましょう。

リステリントータルケアの使い方は?

歯磨き

リステリントータルケアの使い方について、正しい知識はありますか?意外と勘違いしている人も多いので、使い方をご紹介します。

歯磨きは必要

マウスウォッシュであるリステリントータルケアは、ゆすぐと口内を殺菌して綺麗な状態にしてくれます。しかし、だからといって「歯磨きをしなくても良い」というわけではありません。

なぜなら、食べかすや大きな汚れは、歯磨きでないと落とすことができないからです。まず歯磨きをして、歯磨き後に、リステリントータルケアを使うのが適切です。

以下の手順で使うと効果的です。

手順

  1. 歯磨き粉をつけ通常のブラッシング
  2. 舌ブラシで舌を磨く
  3. リステリントータルケアを口に含む
  4. 30秒ほどゆすぐ
  5. リステリンを吐き出し、水でゆすぐ前に再度歯ブラシで歯全体を磨く
  6. 舌を歯ブラシで縦にブラッシング
  7. 水で口をゆすいで洗い流す

このように、通常の歯磨き→リステリンの手順が効果的です。

口臭は、舌に残った食べかすや汚れから、菌が繁殖する場合が多いため、舌もしっかりとブラッシングすることをオススメします。

※ただし、舌を激しくブラッシングし過ぎると、舌が傷つき口臭の原因ともなるので、やり過ぎには注意が必要です。

リステリンの使用感は?

リステリン

「21日(3週間)使って効果を実感して下さい」との注意書きがされているリステリン製品。

そう言うならと、実際に21日間試してみました。

まず、気になる味ですが、ぼくの第一印象はマズいです。湿布のような、薬品的な香りがしますので、苦手な方には辛いかもしれません。

苦手な人は、刺激の少ない、上記のノンアルコールタイプを選ぶほうが良いと思います。

しかし、人間慣れる生き物なので、使っている内に味に慣れます。そのうち味なんて何とも思わなくなりますので、慣れるまでの心房かと。

使用感

使用した感想としては、クチュクチュとゆすいだ後に、ブラッシングした歯を指でこすると、歯が「キュッキュッ」となるほどツルツルになります。

また、口内もかなりの爽快感があります。殺菌作用があるので、口の中の悪い菌がすべて消毒されたような気分で気持ちいいですね。

オススメは、ゆっくりダラダラと口の中でゆすぐより、激しく口の中でゆすぎ、30秒ほどで終わらせると短時間で隅々にまで行き渡ります、

使い続ける?

21日間使った結果、継続してこれからも使おうと思います。何より、口内が清潔に保たれ、寝起きの口内の嫌な感じが無くなりました。

普段、口内ケアを歯磨きしかしていない方には、わりと手軽なケア方法としてオススメです。いつもの歯磨きが2回になるだけです。

しかし、味がかなり明暗分かれる部分だと思いますので、まずは、小さいタイプのものから試してみる事をおすすめします。

▲味がキツすぎないもの

追記

結局リステリントータルケアを使い始めて、しばらく経ちました。なんだかんだ手放せないアイテムになってしまいましたね。

本当は、朝昼晩と使うのが良いと思いますが、ぼくの場合は、就寝前の歯磨き後と、朝に使用しています。朝と寝る前は、スッキリした状態でいたいじゃないですか。

一度使いはじめると、もうコレを使っていない日は、なんだか歯が汚れている様な気分にまでなってしまいます。←今までの人生で全く使ってなかったのに。

ぜひ、キレイな歯と、さわやかな息で好印象を狙いましょう。

スポンサードリンク