無料で楽しめる!関西の工場見学まとめ

スポンサードリンク




こんにちは

関西のみなさん、休日のレジャー、デート、家族サービス、どうしていますか?

関西は、観光地や見どころも多く、楽しいスポットが沢山ありますよね。

でも、家族で行くとやっぱり、費用がかさむのも気になるところ。

そんな関西在住のあなたに、今オススメなのが「工場見学」です。

なんといっても、無料で楽しめるのがミソ。

でも、工場見学は、単なる無料の施設見学ではありません。最近の工場見学は、格段に進化しているんです。

企業にとっても、一般の方々に、自社をPRできる大チャンスなので、工場見学者に対する、おもてなしやプロモーションにも力が入っています。

今回は、楽しくてコスパ最高の、関西工場見学スポットを、まとめてご紹介します。

 

明治大阪工場

明治

概要

  • 住所:大阪府高槻市朝日町1−10
  • 電話:072−685−5031
  • 営業時間:9:00〜16:00
  • 駐車場:8台(無料※要予約)
  • アクセス:🚙阪神高速茨木ICからR171経由で約15分 🚃JR京都線摂津富田駅から徒歩約15分
  • 公式HP:https://www.meiji.co.jp/learned/factory/osaka/

 

関西の人なら電車の窓から、この大きな板チョコを見たことがある人も多いのでは無いでしょうか?

明治には、大きく分けて2つ「お菓子の工場見学」と「乳製品の工場見学」があります。

コチラは、「お菓子の工場見学」となります。

おなじみのカールやマーブルチョコができるまでの工程を、生で見ることができます。また、工場内のカールおじさんや巨大板チョコとの撮影は、きっとSNSでも話題にできますよ。

なるほどファクトリー

ポイント

  • 大きな板チョコは、絶好の撮影スポット!
  • おみやげでカールとマーブルチョコがもらえます
  • ビデオ上映でわかりやすい解説

 

 

アサヒビール吹田工場

asahi_工場見学内容_kanagawa_s03

概要

  • 住所:大阪府吹田市西の庄町1−45
  • 電話:06−6388−1943
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:12台(無料※要予約先着順)
  • アクセス:🚙名神高速中国道、近畿道吹田ICから府道1.14経由で約20分 🚃JR京都線、阪急千里線吹田駅から徒歩10分
  • 公式HP:https://www.asahibeer.co.jp/brewery/suita/

 

アサヒビール発祥の地として120年以上の歴史をもつこの工場。

アサヒスーパードライは、もはやビールの定番中の定番!

その源泉となる麦芽に実際にふれたり、できたての新鮮なビールを試飲できたりと、お父さんにはたまりません!きっとここに工場見学来る人の本音は、最後の試飲ですよね。

世界中のビール缶コレクションも圧巻です、試飲だけじゃないですよ。

ポイント

  • 3700本の世界のビール缶コレクション
  • ビールの試飲あり(1人3杯まで)
  • ダイナミックなビン(カン)詰めマシン

 

造幣局本局

造幣局

概要

  • 住所:大阪府大阪市北区天満1−1−79
  • 電話:06−6351−6150
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:無し
  • アクセス:🚙阪神高速環状線南森町出口からR1経由で10分 🚃JR環状線桜ノ宮駅、地下鉄各線南森町駅から徒歩15分
  • 公式HP:http://www.mint.go.jp/enjoy/plant-osaka/plant_visit_honkyoku01.html

春には、桜の通り抜けとして有名な、大阪の造幣局です。

桜の通り抜けシーズンには、アクセスが集中して人でごった返していますが、通常時は工場見学も行っています。(工場といって良いのか謎ですが)

造幣局の工場見学は「ガラス越しに貨幣の製造を見る事」と「造幣博物館の内覧」の2つがメイン!

見学できるのは、お札ではなく貨幣の製造です。

普段、まず見ることができない貨幣の製造はとってもおもしろいですが、貨幣の製造ということもあり見学コースから外れることは許されません。

セキュリティの強固さも見どころの一つですね。

ポイント

  • 1円玉から500円玉までの製造工程見学
  • ベルトコンベアーを流れる大量のコイン
  • 貨幣製造のヒミツに迫る

 

キリン滋賀おいしさ体感ファクトリー

キリン

概要

  • 住所:滋賀県犬上郡多賀町敏満寺1600
  • 電話:0749−48−2810
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:10台(無料)
  • アクセス:🚙名神高速彦根ICからR306・224経由で約15分 🚃JR琵琶湖線南彦根駅から湖国バスで10分
  • 公式HP:http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/siga/

 

こちらの、工場見学は2コースから選ぶことができます。

①一番搾りうまさの秘密体感ツアー(無料 約70分)

コチラは、キリンの超有名銘柄「一番搾り」を試飲することができます。

さらに、面白いのが、一番搾り麦汁と二番搾り麦汁を飲み比べることができるんです。一番搾りがドレだけスッキリした味かがよく分かるのでオススメです。

②午後の紅茶ツアー(無料 約90分)

コチラも超有名な「午後の紅茶」の工場見学ですが、注目は、ここでしか見られないペットボトルのができるまでの工程見学。素材に空気を含ませプクーと膨らませてペットボトルを作る工程を見ることができます。

ポイント

  • 「一番搾り」「午後の紅茶」などの有名飲料の作成工程を見学
  • 一番搾りと二番搾りの飲み比べ
  • ビール、柿の種、午後の紅茶のお土産

 

グリコピア神戸

グリコピア

概要

  • 住所:兵庫県神戸市西区高塚台7−1
  • 電話:078−991−3693
  • 営業時間:9:30〜16:30
  • 駐車場:20台(無料)
  • アクセス:🚙山陽道三木小野ICからR175、県道65経由で約30分 🚃地下鉄西神中央駅から市営バス・神姫バスで10分「高塚台1丁目」下車徒歩1分
  • 公式HP:https://www.glico.com/jp/enjoy/experience/glicopiakobe

 

グリコと言えば、道頓堀でも有名なあのグリコポーズとポッキーですね。このグリコピア神戸の工場見学では、ポッキーの製造工程を見ることができます

コレが本当にポッキーになるの?と思うようなただの生地から、箱詰めまでを様々な機械が、全自動で行う姿は圧巻です。

この公式動画を見ると、雰囲気はわかりやすいと思います。

ポイント

  • 2600点のグリコおまけオモチャを展示
  • プリッツ・ポッキー・ビスコなど有名お菓子の製造を見学
  • オリジナルアニメーションが立体映像で楽しめる「3Dシアター」

 

明治なるほどファクトリー関西(ヨーグルト館)

なるほどファクトリー

概要

  • 住所:大阪府貝塚市二色南町16
  • 電話:072−431−1236
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:9台(無料)
  • アクセス:🚙阪神高速湾岸線貝塚ICから5分 🚃南海本線貝塚駅からバスで20分「明治関西工場前」下車徒歩すぐ
  • 公式HP:http://www.meiji.co.jp/learned/factory/kansai/index.html

 

明治なるほどファクトリー関西は、明治の商品の中でも「ヨーグルト」がテーマの施設です。ヨーグルトが体に良い理由でもある「菌」の働きについてクイズ形式で学ぶ事ができるので、明日からヨーグルトを食べないといけない気分になります

ポイント

  • お菓子と乳製品のお土産
  • 乳酸菌の活動を映像で確認
  • ヨーグルトがテーマのゲームやクイズが満載

 

大阪ガス ガス科学館

大阪ガス

概要

  • 住所:大阪府高石市高砂3−1 大阪ガス泉北製造所大に工場内
  • 電話:072−268−0071
  • 営業時間:9:30〜16:30
  • 駐車場:33台(無料)
  • アクセス:🚙阪神高速湾岸線浜寺出口から大阪臨海線経由で15分 🚃JR阪和線東羽衣駅・南海羽衣駅からタクシーで15分
  • 公式HP:http://www.osakagas.co.jp/company/efforts/gasscience/index.html

 

大阪ガス ガス科学館は、様々な科学実験を通してエネルギーについて学ぶことができる施設です。とにかく実験が面白いので、お子さんに楽しみながら科学を学んでもらう事ができます。

小学校の社会見学なども多いので、かなり広い施設ですね。

ポイント

  • −196℃の冷熱実験
  • エネルギーの発生とリサイクルを学習
  • 科学の不思議を参加型展示物で体感

 

NHK大阪放送局 BKプラザ

NHK

概要

  • 住所:大阪府大阪市中央区大手前4−1−20
  • 電話:06−6937−6020
  • 営業時間:10:00〜18:00
  • 駐車場:85台(1時間400円、以降30分200円)
  • アクセス:🚙阪神高速東大阪線法円坂出入口からすぐ 🚃地下鉄各線谷町四丁目駅から徒歩すぐ
  • 公式HP:http://www.nhk.or.jp/osaka/bkplaza/

 

こちらは、実際のNHKの大阪放送局です。映画などでよく使われるクロマキー合成を試すことがでるので、どのように合成映像ができるのか実際に体感することができます。また、テレビセットがどのようにできているか等、映像関係に興味がある人にはオススメです。

ポイント

  • 放送の仕組みや技術を体感できる、数々の施設
  • 実際の放送の様子を見学
  • ニュースキャスターになりきれる「なりきりスタジオ」

 

朝日新聞大阪工場

朝日新聞大阪工場

概要

  • 住所:大阪府大阪市福島区海老江3−22−61
  • 電話:06−6454−3636
  • 営業時間:10:00〜16:00
  • 駐車場:無
  • アクセス:🚙車での来場は不可 🚃阪神本線野田駅、JR東西線海老江駅、地下鉄千日前線野田阪神駅から徒歩10分
  • 公式HP:http://www.toppan-tmk.co.jp/kengaku/index.html

 

朝日新聞大阪工場では、実際に新聞を印刷する工程を見ることができます。高速で夕刊が行き交うマシンや巨大な輪転機とインクのにおいで非日常を体験できます。見学日の記念新聞がもらえるので、記念日のデートの空き時間にも良いかもしれませんね

ポイント

  • 実際に印刷している夕刊を見学
  • 見学記念新聞をプレゼント
  • 大迫力の巨大輪転機

 

ヤクルト本社 兵庫三木工場

ヤクルト本社

概要

  • 住所:兵庫県三木市志染町戸田字中尾1838−266
  • 電話:0794−89−8960
  • 営業時間:9:00〜16:00
  • 駐車場:30台(無料)
  • アクセス:🚙山陽道三木東ICから県道38経由で約10分 🚃神戸電鉄栗生線緑が丘駅からタクシーで15分
  • 公式HP:http://www.yakult.co.jp/hyogomiki/

 

こちらは、あのヤクルトの本社兵庫三木工場です。1Fは自由見学、2Fは案内人付きの見学となります。ヨーグルトの容器が、透明なパイプの中を飛んで行きます。ソフールやミルミルなどをメインで作っている工場ですね。

ポイント

  • ミルミルやヤクルトの試飲
  • ビフィズス菌を増やす特殊タンク
  • 菌をテーマにしたゲーム

 

UCC六甲アイランド工場

UCC

概要

  • 住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町西2−4
  • 電話:0120−156−587
  • 営業時間:10:00〜16:00
  • 駐車場:10台(無料※要予約)
  • アクセス:🚙阪神高速湾岸線六甲アイランド北ランプより約5分 🚃六甲ライナーアイランド北口から徒歩15分
  • 公式HP:http://www.ucc.co.jp/factory/

 

コーヒー好きならば、是非一度訪れたいスポットですね。もちろんコーヒーの製造工程も気になりますが、やはりできたてのコーヒーを試飲できるのがうれしいポイント。焙煎度の異なるコーヒーを飲み比べる事ができるので、より深くコーヒーについて知る事ができます。

ポイント

  • コーヒー鑑定士による品質検査の見学
  • 焙煎度の異なるコーヒーの飲み比べ
  • ドリップコーヒー2種類のお土産

 

キリンビール神戸工場

キリン

概要

  • 住所:兵庫県神戸市北区赤松台2−1−1
  • 電話:078−986−8001
  • 営業時間:9:00〜16:30
  • 駐車場:100台(無料)
  • アクセス:🚙中国道神戸三田ICから約4分 🚃JR福知山線神戸電鉄三田駅からシャトルバス
  • 公式HP:http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/kobe/

 

上記のキリン滋賀工場と同じ、「一番搾りうまさの秘密体感体感ツアー」も行っています。キリンは工場見学に積極的ですね。ここでのオススメは「ビアレストラン」。ビールにあうお供やビールを使った料理が豊富に用意されています。→http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/kobe/restaurant/

ポイント

  • キリンの銘柄3種を飲み比べ
  • ソフトドリンクおつまみのサービス
  • うまさのヒミツを一挙紹介

 

アサヒ飲料明石工場

アサヒ

概要

  • 住所:兵庫県明石市二見町南二見1−33
  • 電話:078−941−2309
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:30台(無料)
  • アクセス:🚙加古川バイパス明石西ICから県道208経由で15分 🚃山陽電鉄本線東二見からタクシーで10分
  • 公式HP:http://www.asahiinryo.co.jp/society/factory/akashi/

 

こちらは、アサヒでもビールではなくて「三ツ矢サイダー」です。サイダーの歴史からシュワシュワ体感コーナー、飲料の試飲とたっぷりと時間をかけて楽しませてくれます。

ポイント

  • 三ツ矢サイダーの歴史、製法、広告を展示
  • 十六茶、WANDAなどの有名飲料の工場ライン
  • 清涼飲料水1本がおみやげ

 

神戸ワイナリー

神戸ワイナリー

概要

  • 住所:兵庫県神戸市西区押部谷町高和1557−1
  • 電話:078−991−3911
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:600台(無料)
  • アクセス:🚙山陽道神戸淡路鳴門道神戸西ICより県道22経由で約10分 🚃地下鉄西神中央駅から神姫バスで10分農園公園下車徒歩3分
  • 公式HP:http://www.kobewinery.or.jp/

 

ワインについて、正しい製法を学ぶことができます。また、オススメは手ぶらで行けるバーベキュー。肉と赤ワインをその場で楽しめる、最高ですね。

ポイント

  • より深い内容のワイナリーツアーも用意(1100円)
  • ワインの試飲
  • 施設内にはバーベキュー施設やワイナリーカフェも

 

ヒガシマル醤油 第一工場

museum_map

概要

  • 住所:兵庫県たつの市龍野町富永288
  • 電話:0791−63−4567
  • 営業時間:8:30〜17:00
  • 駐車場:5台(無料)
  • アクセス:🚙山陽道龍野ICから県道437号経由で約10分 🚃JR姫新線本竜野駅から徒歩5分
  • 公式HP:http://www.higashimaru.co.jp/enjoy/factory/

 

醤油の工場見学?と聞くと地味に思うかもしれませんが、職人さんが大きな樽を大きな棒でかき混ぜる姿は圧巻です。国内トップシェアの醤油は、伝統と最新技術の両立でできている事を学ぶことができますよ。

ポイント

  • ヒガシマル製品がおみやげとして用意
  • 創業400年の国内シェアナンバーワン醤油の製造ライン
  • 醤油の技術伝承ストーリーをビデオで上映

 

コカ・コーラウエスト 京都工場 エコラ館

コカ・コーラウエスト

概要

  • 住所:京都府久世郡久御山町田井新荒見128
  • 電話:0774−43−5522
  • 営業時間:9:30〜11:30 12:30〜17:00
  • 駐車場:19台(無料)
  • アクセス:🚙京滋バイパス久御山ICからR1経由で約10分 🚃近鉄大久保駅からバスで20分新タマキ下車徒歩すぐ
  • 公式HP:http://www.ccwest.co.jp/station/factory/details.php

 

このコカ・コーラウエスト京都工場エコラ館で見学できるのは「ジョージア」と「紅茶花伝」です。しっかりとした見学コースが設定されており、途中にはコカ・コーラらしいアメリカのポップな町並みが用意されていたり、大きなコーラ缶の中に入れたりと飽きさせない工夫が満載です。

ポイント

  • 1分に1600本の飲料水を詰める日本最速充填機
  • 商品の誕生秘話を3Dシアターで
  • コカ・コーラ製品の試飲

 

井筒八ツ橋本舗 追分店

井筒八ツ橋

概要

  • 住所:滋賀県大津市横木1−3−3
  • 電話:075−502−2121
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 駐車場:5台(無料)
  • アクセス:🚙名神高速京都東ICからR1経由で5分 🚃京阪京津線追分駅から徒歩5分
  • 公式HP:http://www.yatsuhashi.co.jp/store/oiwake.html

 

京都のお土産で一番有名な、「生八ツ橋」の製造を見学することができます。もちもちの生地があんこを包む姿を見ていると、きっと食べたくなってしまいますが、もちろん試食もOK。絶対帰りに買って帰りますね。

ポイント

  • 京都名物「生八ツ橋」の試食
  • 数々の歴史資料も展示
  • 試食だけでなく買い物も楽しめる直営店仕様

 

湯浅醤油

醤油

概要

  • 住所:和歌山県有田郡湯浅町湯浅1464
  • 電話:0737−62−2100
  • 営業時間:9:00〜17:00
  • 駐車場:20台(無料)
  • アクセス:🚙湯浅御坊道広川ICからR42経由で5分 🚃JR紀勢本線湯浅駅から徒歩10分
  • 公式HP:http://www.yuasasyouyu.co.jp/

 

この湯浅醤油では、職人さんが大きな樽を大きな棒でかき混ぜる姿が圧巻です。テレビでもよく紹介されるこの工場見学は、最後の醤油ソフトクリームに注目。おいしくてめずらしい。

ポイント

  • 100年前から使われる大樽を使った伝統製法を生で見学
  • 醤油の試食
  • 名物の醤油ソフトクリーム

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

日本の「ものづくり」の底力は工場にあります

身近な製品も、作る工程を見るとより一層好きになるかもしれません

こどもも大人も楽しめる工場見学

ぜひ、新しいレジャーの切り口として試してみてはいかがでしたでしょうか

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。