DMMモバイルにして良かった6つの事!格安SIMはもう十分使える!

スポンサードリンク




iPhone7欲しい!でも安く運用したい!!

そんな思いから、以前DMMモバイルという格安SIMを利用した「iPhone7を安く運用する方法」をご紹介しました。

iPhone7でDMMモバイルの格安SIMを使おう!テザリングや動作確認も

2016.09.25

今回は、そんなDMMモバイルを使って、実際に感じた良かったこと6つをご紹介します。感じたこととしては、「もう格安SIMにしない理由がない」という事!

是非、快適な格安SIMライフの参考にして下さい。

①価格が安い

「価格が安い!」これは当然ですよね。これが最大の乗り換え理由なので当たり前です。参考にDMMモバイルの価格表を下記に添付します。

データSIMプラン
(電話なし)
ライト 440円
1GB 480円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1,210円
7GB 1,860円
8GB 1,980円
10GB 2,190円
15GB 3,600円
20GB 4,980円
通話SIMプラン
(電話あり)
ライト 1,140円
1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 4,300円
20GB 5,980円

これまでドコモやauなど、通常キャリアで使っていたのと、同じ運用をするなら、通話SIMを選び、電話がかけられるプランを選択すると思います。

スマホに関しては、iPhoneは高いので10万円弱しますが、Androidなら3万円程で購入できます。また、ドコモの端末やSIMフリーの端末を持っていれば、端末すら用意する必要がありません。

その場合、単純に上記金額がかかるだけ。月に5GBの通信量でも、1,910円です。

でもやっぱりiPhone7が欲しい!

そんな人も、Appleのローンを使えば大丈夫です。Appleのホームページやアップルストアで、iPhoneを月々の分割払いにすることができます。

「iPhoneの分割払い+格安SIM」の運用でも、キャリアで買うiPhoneより、十分安く運用できます。

②月々の通信量が可視化できる

DMMモバイルには、月々の通信量が可視化できるアプリがあります。

DMM mobile
DMM mobile (無料)
(2016.11.13時点)
posted with ポチレバ

このアプリが何気にとても便利なんです。ドコモやauを使っていた頃は、毎月自分の通信量がわからず、急に「通信制限になりました」というメールが来てイライラしていました。

しかし、このアプリを使えば、いま自分にどれだけの通信量が残っているのかが一目瞭然です。

dmm-mobile_1

▲残ゲージがわかりやすい

③余ったデータは繰り越せる

「3GBか5GBか・・それとも7GBにするか」通信量の選択は、料金に直結するので大切ですよね。

DMMモバイルの場合、もしその月にデータ通信量を使い切れなくても、余った通信量を翌月に繰り越すことができるので、無駄なくデータ通信量を活用できます。

繰越しは、何も操作しなくても、自動的に上乗せされます。例えば5GBの通信量があり4GBしか使えなかった場合、翌月は6GBからスタートします。

これは非常にありがたい!

④データが足りなくなった!追加も簡単

ついつい動画を見すぎたり、ゲームに熱中しすぎると、あっという間にデータ通信量が上限に達してしまいますよね。

特に、最近はAbemaTVやポケモンGOなど、話題のアプリは通信量を多く消費します。そんな時も、先程のDMMモバイルアプリから簡単に追加の通信量を購入することが出来ます。

dmm-mobile_2

追加容量は、アプリからそのまま購入できます。「あと1日だからちょっとだけでいい」月半ばだからあと1GBは欲しいなど、その時の必要に応じて購入しましょう。

ただし、追加容量はプランから考えると割高なので、やはり最初に自分の使う通信量をしっかり考えて、なるべく通信量をオーバーしなようにするのがベストです。

⑤速度が安定している

この速度が安定しているかどうかが、格安SIMの最大の悩みポイントでは無いでしょうか?

ドコモ、ソフトバンク、auは、何と言っても安定感があります。それに比べ格安SIMって一体どうなのよと言うのが、巷でよく比較されていますよね。

実際の速度比較を数値で出しても良いのですが、都心か田舎か、朝か昼か夜かなど、条件によって速度は変わると言われています。

なので、あえて半年ほど使った実際の感覚でお答えします。

田舎にも都会にも行きました。もちろん朝から晩までスマホ使っています。結果、速度が遅いと感じたことは1回もありませんでした。

別にDMMからお金をもらって言わされている訳ではありません。しかし、その前まで使っていたドコモと比べても、なんら遜色はないと言い切れます。いい時代ですね。

⑥契約がシンプル

「契約がシンプル」これって意外と重要じゃないですか?

大手キャリアの時は、請求明細がめちゃくちゃわかりにくかった!よくわからないオプションや、外すと割引が受けられなくなる通話プランなど。

DMMモバイルなら、ぶっちゃけどの通信量のプランを選ぶかだけなので、とてもシンプルです。プランを変えたくなったら、その都度通信量を増減させる程度。

また、端末もキャリア縛りの消せないアプリに悩まされる事もありません。

格安SIMならDMMモバイルがおすすめ!ドコモからの乗り換え手続き解説

2016.08.27

まとめ

格安SIMは、安くてシンプル、なおかつ自分の好きなブランドを買うことが出来ます。

でも、これって当たり前と言えば当たり前ですよね?逆にこれまで、携帯の買い方が大手3社に独占されていたからこそ感じる、開放感なのかもしれません。

自由競争の世の中で、やっとスマホも色々試行錯誤して買えるようになりました。これまで通り、自分で考えるのが面倒な人は、近場のドコモショップでスマホを買い、考える事ができる人は、格安SIMでお得に運用できる時代になります。

益々、情報リテラシーの格差は広がりますが、知っている人は得をする格安SIMは、もう十分買って損のない製品ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。