何度も見たくなるディズニー映画一覧 アニメ・ピクサー・実写も

スポンサードリンク




ディズニー映画っていいですよね。

大人から子供まで安心して見れる作品ばかりです。でも、決して子供向けの内容ではなく、あくまで幅広い年代が楽しめる内容になっています。

そんなディズニー映画の中でも、自然と何度も見ている作品があります。今回はそのような、「何度も見たくなるディズニー映画」をご紹介します。

ディズニー映画ならではの、音楽にも注目したいですね。

塔の上のラプンツェル

Disney-Movie_01

まず一作目は「塔の上のラプンツェル」です。塔の外に出ることを禁じられた、プリンセス「ラプンツェル」と魔法の髪を題材にした作品です。

公開当時の話題性は、そこまで高く無かった印象ですが、今なおグッズの売上がすごいラプンツェル。劇中の「自由への扉」や「誰にでも夢はある」「輝く未来」などの楽曲が神曲揃い。

キャッチーなものから、ロマンチックな曲まで幅広いラインナップが魅力です。プリンセスがフォーカスされ、手を抜かれがちなプリンス役ですが、今作のプリンス「フリン・ライダー」は、普通にイケメンで良い奴です。

灯りとボートのシーンは、幻想的ですね。

アラジン

Disney-Movie_03

ランプの魔人「ジーニー」と青年アラジンによる、魔法の物語「アラジン」。

アラジンの魅力は、ジーニーにあると言っても過言ではありません。あの陽気で軽快なジーニーの魅力にやられる人は多いはずです。もちろん山寺宏一さんの声優っぷりも抜群です。

また、魔法のじゅうたんでアラジンとベルが飛ぶ時の楽曲「ホール・ニュー・ワールド」は、あまりにも有名ですよね。

アラジンも、一作目が有名ですが、実は3作あります。正直1作目以外は微妙なので、1作目だけ見ていればいいと思います。

Disney-Movie_04

ここで意外なジャンルを一つ。ハイスクール・ミュージカルも好きなディズニー作品の一つです。この作品を見るまで、正直ミュージカルは苦手でした。

でも、ハイスクール・ミュージカルは、かなり見やすいミュージカルです。歌っていない部分も多いですが、きっと見終わった時にはサウンドトラックが欲しくなります。

基本は写真の6人の学校、恋愛、人生との向き合い方のストーリですが、名曲ぞろいです。3部作になっており、コチラは3部作ともオススメです。

ピノキオ

Disney-Movie_05

ピノキオって、ディズニー映画のなかでも、かなりダークな内容が多いですよね。女神様の力で、木の人形が人間の男の子になる所までは、ファンタジー色が強いです。

しかし、ピノキオが売り飛ばされたり、遊びの島「プレジャーアイランド」では、ロバになってまた売り飛ばされたりと、結構異色な作品です。また、クジラに飲まれたゼペットじいさんを助けに行くシーンも、個人的に好きですね。

トイ・ストーリー

Disney-Movie_06

もはや定番かもしれませんが、トイ・ストーリーも傑作です。3部作ですが、1は面白い、2は微妙、3は最高という感じでしょうか。

もちろん1から見ておかないと、3の面白さは半減ですが、3は最高傑作ですね。アンディなんて言いヤツなんだ!と感動します。

ピクサーCGアニメーションの草分け的存在のトイ・ストーリーは、何度も見てしまいますね。1の悪いおとなりの子供とかも好きです。

リトルマーメイド

Disney-Movie_07

リトルマーメイドは、人魚の王女と、人間の王子様の愛を描いた作品です。陸の世界に憧れる人魚、アリエルは、等身大の可愛い人魚。

なんといっても、何度も見てしまう理由はアースラ。巨大化したアースラ怖いですね〜。立ち向かう王子様も中々勇敢に描かれています。

「パート・オブ・ユア・ワールド」と「アンダー・ザ・シー」もかなり有名な曲で、英語版も日本語版も両方に魅力があります。個人的にアンダー・ザ・シーの日本語版の、ゴロが悪い感じが好きです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。まだまだ、ニモやライオンキングなど、あげたい作品はありますが、本当に何回も見ている作品ってなんだろうと考えた特、出てきたのが上記の作品でした。

ディズニー映画は、魅力的なキャラクターと素晴らし音楽が特徴です。是非、しばらく見ていない作品があれば、見なおしてみてはいかがですか?

ディズニーセレブレーションホテル速攻レビュー!泊まった感想

2016.06.13

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。