営業の革靴にブランド品は必要ない?激安ブランドのビジネスシューズ

スポンサードリンク




外回りの皆さん。ビジネスシューズって、どうしていますか?

おしゃれは足元から。ビジネスマンは、磨き上げられた靴を見て、相手の力量を判断すると言われるほど、靴は大切なビジネスアイテムです。

ビシっと決まったスーツに、ブランド物のカバン、おしゃれなネクタイに、高そうな腕時計、でもビジネスシューズは、外回りでボロボロの革靴じゃあ格好がつかないですよね。

でも、外回りの営業さんにはジレンマがあります。

そう、いい靴を買っても、ハードな外回りのせいで、すぐにボロボロになってしまうんです。どんなにいい靴でも、アスファルトを歩けばかかとが減ります。

そんな、外回り営業マンのジレンマを解消してくれる、消耗品としてのビジネスシューズ。2足で4000円の激安革靴をご紹介します。

2足で4000円!激安革靴

2670image

外回りの営業が、ビジネスシューズを買うときに選ぶ買い方は、大きく分けて2種類あるでしょう。

  1. 高くて丈夫な革靴を、丁寧に長く履く
  2. 安くてもろい革靴を、買い替えながら履く

もちろん、多くの人の理想は①の「高くて丈夫な革靴を、丁寧に長く履く」でしょう。ですが、実際外回り営業のビジネススタイルは、想像以上にハードです。

その結果、「高くて丈夫なはずの靴を、短期間で履きつぶしてしまう」という、ふんだり蹴ったりな結果に終わることが多くあります。

実際ぼくも、気合を入れて買った、高い革靴を1年経たずに履きつぶしてしまいました。その時から、完全に②の、安い靴を素早く買い換えるスタイルにシフトしています。

楽天で目を引く2足で4000円の革靴

2670-2675-01

▲激安シューズの広告

とにかく安くて、見栄えの良いビジネスシューズを探して、楽天を徘徊していると、一際目を引く2足で4000円の文字。

「おいおい・・・あやしすぎるわ」と思いつつも、しれっと購入。これくらいの価格なら、最悪失敗しても、雨の日用の靴にすればいいかくらいの気持ちで購入しました。

結果から言うと、半年で壊れます。でも、激安なので常に新しい靴を気兼ねなく買えます。このスタイルが合う人には、かなりオススメのビジネスシューズですね。

激安革靴レビュー

Business_Shoes1

早速開封していきます。今回、このビジネスシューズを購入したのは楽天市場です。Amazonでも探していたのですが、2足セットで送料込みとなると、楽天の方がお得でした。

ポイントも10倍つくのでオススメ。ちなみに、ロゴはAAA+(サンエープラス)と読むそうです。低価格、高クオリティーを売りにしているブランドさんです。

Business_Shoes2

今回は、ダークブラウンブラックの2色を購入しました。他にも、ライトブラウンというカラーがあるのですが、以前一度買った感想としては、色味が微妙。

妙に明るい色なので目立ちます。いい靴で目立つならまだしも、安物シューズなのでできれば、悪目立ちは避けたいところです。無難な暗めの色がオススメ。

ちなみに、箱を見ていただければわかると思いますが、結構ボロボロの箱で届きます。経費削減なのか雑なのか、もしプレゼントとして検討しているならばお気をつけて。

外観

Business_Shoes3

▲箱から取り出した状態

箱から取り出してみると、ご覧の通り普通のしっかりしたビジネスシューズに見えます。嫌な臭いも特にしませんね。

Business_Shoes4

▲ダークブラウン

Business_Shoes5

▲ブラック

かなり、表面がテカテカしてる印象です。そして、もちろんこの価格帯なので、本皮ではありません。合成皮革です。雨には強いです。

細部

Business_Shoes6

▲ダークブラウン 27.5cm

実際ダークブラウンでこの色味です。デザインとしては、先の尖ったスタイリッシュな縦長デザイン。おじさん臭い感じは全くしません。

Business_Shoes7

インソールは、基本はずさないように設計されているようです。つま先にかけて、メッシュ素材となっているので、ある程度のムレは抑えられそうです。

話は変わりますが、夏場のビジネスシューズの異常なムレと嫌な匂いを押さえるのには、グランズレメディがオススメです。

▼白い粉を靴にまぶしておくだけで、かなりの消臭効果があるので、もう最近では手放せません。

側面・防滑ソール

Business_Shoes8

細かいステッチ加工などを見ていると、この激安価格が不思議になります。一体作った人はいくらで作らされているんでしょうか?

かかとの高さは、少し高いくらいの印象。どうせすり減るので、かかとはしっかりとボリューミーな方が安心できますよね。

Business_Shoes9

▲滑りを押さえる「防滑ソール」

ソールの部分は、ビジネスシューズらしからぬ、ギザギザな見た目。まるでスポーツシューズのようです。

このソールには、滑りを押さえる機能があるそうで、実際ぼくもしばらく履いていますが、滑り止め効果は、かなり実感できます

雨の日に、つるつるの階段を降りる時って結構怖いですよね。このソールは、そのような場面でかなり効果を発揮してくれますよ。

半年使ってみて

ここからが本番の、耐久性チェックです。ぼくがこのAAA+の激安ビジネスシューズを買ったのは、初めてではありません。買い替えです。

以前この靴を買ったのは、半年前。実際に半年間、営業の外回りで酷使した結果がコレです。冒頭でも書きましたが、半年で壊れます。

Business_Shoes10

▲かなりくたびれてしまいました。

よく脱ぎ履きする、かかと部分が、まず弱ってきます。

Business_Shoes11

そして、ソール部分がすり減り、かがんだ時に折れ曲がる部分が裂けます。ここが裂けてしまうと、雨の日に、靴の中がズブズブになって大変。

Business_Shoes12

やはり、よく曲げたりする部分の表面が剥げてきます。靴墨をぬってごまかす事もできますが、そこまでする靴でもありません。

Business_Shoes13

そして、壊れ方で一番多いのが、このソールとの分離。こうなると買い替えどきだなーという感じですね。コレは製造時の接着が弱い気がするので、改善して欲しい所。

こんな人にオススメ

このように、一長一短ある、激安ビジネスシューズ。オススメは、汚れたり、壊れてきたら靴をバンバン買い換えて、常に新しい靴をまわすスタイルの人です。

一足2万円の靴と比べれば、この靴は10足買えます。(耐久性は2万円の靴の方が断然いいですよ)

3足以上のローテーションがベスト

外回りのビジネスシューズは、3足以上を順番に履くのがベストです。1日履いて2日休ませる事により、靴やスーツはとても長持ちするようになります。

2万円の靴を3足用意するには、6万円の費用がかかりますが、この靴なら8000円で4足揃います。コストパフォーマンスは抜群ですね。

雨の日や濡れる現場での用途

基本的に本皮の靴は、水に濡れてはいけません。それに対して合成皮革は、布を樹脂で覆って、革っぽく見せているだけなので、濡れても大丈夫です。

雨の日用や、濡れる現場で、ビジネスシューズを履く必要がある人にはオススメですね。

まとめ

外回りの営業さんや、過酷な現場で働くみなさん、ご苦労さまです。

例え安物でも、新しい靴を履いて出かける日って、なんだかワクワクしますよね。自分の働き方にあったビジネスシューズで、快適に外を歩きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。